• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

薬剤部

「かかりつけ薬剤師(薬局)」とは

処方せんはこの表示のある薬局へ

 薬局は自由にえらべます。そしてあなたが選んだ薬局が「かかりつけ薬局」となります。薬を取り扱っている店は、保険薬局のほかに薬店、ドラッグストアーなど色々な名称がついて一見よくわからない患者さんもいらっしゃると思います。病院から渡された処方せんを調剤することができるところは、法律で定められている「薬局」だけですので、「処方せん受付」、「保険薬局」、「基準薬局」などの表示がしてある薬局を選んで行って下さい。
 かかりつけ薬剤師(薬局)は、かかりつけ医と同様に、気軽に身近なことの健康管理を相談できるという意味から、お住まいや勤務先などの近くに持つことがよいとされています。

「かかりつけ薬剤師(薬局)」を決めておくメリット

 「かかりつけ薬剤師(薬局)」を決めておくと次のようなメリットがあります。
 保険薬局では、あなたのお薬や体質(副作用歴・アレルギーetc)など、色々なことを記録しています。この記録は、あなたの処方せんを受けつけた時や、必要な時にいつでも引き出し、副作用などが起こるのを未然に防いだり、適切なアドバイスをするために役立てています。
 また、薬の内容も記録しています。処方せん調剤時には、前回までの記録と見比べながら調剤しますので、同時期に複数の病院や医院などにかかり、薬や処方せんをもらった場合も、処方せんどおり調剤してよいかどうかチェックすることもできます。
 つまり色々な病院・医院から処方された薬で、同じ成分の薬が重なって薬が効きすぎたり、一緒に服用すると薬の作用が強くなったり、弱くなったり、副作用が出やすくなったりなど、悪い飲み合わせが起こらないように、保険薬局の薬剤師が処方された医師と直接相談して、安全に薬を服用できるようにしています。

さらに、お住まいの近くであれば

 一旦保険薬局に処方せんを預けて、あとで薬を取りに行くことも可能です。体調が悪いときには、ご家族の方が代わりに処方せんを薬局にお持ちになり、薬を取りにいくこともできます。
 市販の薬をお飲みの方が、保険薬局で処方せん調剤を受ける場合には必ず申し出て下さい。市販薬との飲み合わせのチェックもできます。

 前述したとおり「かかりつけ薬剤師(薬局)」を決めておくと、薬のついて、何でも相談しやすく安心です。薬局には薬剤師という薬の専門家がいます。皆さんの薬のよき相談役として薬局を十分に活用し、利用して下さい。なお、医師と同様に薬剤師にも患者さんに関する守秘義務がありますので、プライバシーが侵害される恐れはありません。気軽にお問い合わせ下さい。

  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyright© Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927