• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

神経内科

主な診療内容

神経免疫、
小脳萎縮症
神経免疫疾患、小脳萎縮症の診療については力をいれており、積極的に自己抗体検索を行い、自己免疫性神経障害の患者さんには免疫治療を行うことにより長年神経症状で悩んでいた方においてもしばしば劇的な改善を経験しております。かつては神経疾患は治りにくいとも言われておりましたが、この分野においても確実に医学は進歩しております。
脳梗塞予防
脳血管障害予防の分野では、血小板凝集能を測定しながら安全で的確な抗血小板療法を行い、脳梗塞・脳出血の発症を最小限に抑制することが可能となっております。

研究内容

症例報告により診療能力向上
神経学会地方会や研究会での症例報告を積極的に行っております。難解な症例について科内で詳細な検討を行った後、学会・研究会で報告し、他施設との情報交換を行うことにより、診断・治療能力を向上させることを目指しております。
小脳萎縮症に対する免疫治療
小脳萎縮症において自己免疫機序の病態が存在することに着目し、抗GAD抗体、抗グリアジン抗体、抗甲状腺抗体など自己抗体陽性例に免疫治療を行い、不治の病と考えられていた小脳萎縮症にも治療可能例が含まれていることを報告しております。
  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyrightc Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927