• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

ビタミンB2についてVOL.29 2013/12/02


今年も1年を締めくくる月となりました。寒さも本格的になってきましたが、風邪などひいていませんか?
今回は、「ビタミンB2」についてお話ししたいと思います。

ビタミンB2(別名 リボフラビン)は、成長に欠かせないビタミンで、成長(glowth)因子からビタミンGとも言われていました。皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあり、健康な皮膚や髪、爪をつくり、成長を促します。

また、身体の中では、脂質、炭水化物、たんぱく質の全てのエネルギー代謝がスムーズに行えるようサポートしています。

さらに、動脈硬化や心筋梗塞などの原因である過酸化脂質の分解にかかわり、体内での生成を防ぎ、さまざまな生活習慣病を予防します。

◆不足すると…
口内炎や口角炎ができやすくなる、目が充血したりゴロゴロする、肌荒れや髪のトラブルなどが起こりやすくなります。その他として、成長の停止、早期老化、胃腸障害などがあります。

◆過剰に摂ると…
B2は水溶性ビタミンであり、必要量を超えると尿中に排泄されます。そのため、過剰摂取の障害はあまり心配いりません。よほど大量に摂った場合、ごくまれに、かゆみ、しびれなどの症状が出ることがあります。

◆毎日摂ろう!
B2は体内にためておくことができないので、毎日摂ることが必要です。ストレスの多い人、脂質を摂る量が多い人などは不足しやすいため、特にしっかり摂るよう心がけましょう。

ビタミンB2を多く含む食品(1食当り)
  • 食品  一食の目安      VB2含有量
  • 豚レバー 50g         1.8mg
  • うなぎ蒲焼き 1串 100g   0.7mg
  • かれい 小1尾 100g     0.4mg
  • 牛乳 コップ1杯 200g    0.3mg
  • ヨーグルト カップ1個 100g 0.2mg
  • 卵  1個 50g         0.2mg
  • 納豆  1パック 50g      0.3mg
  • アーモンド 16粒 20g    0.3mg
  推奨量 成人・男性1.6mg/日、女性1.2mg/日
  (日本人の食事摂取基準2010年度版)

文責:栄養管理科 永田美和

 


  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyright© Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927