• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

病院概要


自主自学とは、何事も自らの意志をもって自ら行うという東京医科大学の建学精神です。

理念

人間愛に基づいて、患者さんとともに歩む良質な医療を実践します

基本方針

本学の校是である“正義・友愛・奉仕”を実践します。

  • 患者さんと信頼関係を築き、安心で開かれた医療を提供します。
  • 地域医療機関と連携して良質で高度な医療を提供します。
  • 人間性豊かで人類の福祉と幸せの実現に貢献できる医療人を
    育成します。

自主自学とは、何事も自らの意志をもって自ら行うという東京医科大学の建学精神です。

患者さんの権利・パートナーシップ

私たちは患者さんの権利を尊重します。

  • 適切な医療を受ける権利
  • 人権を尊重される権利
  • プライバシーを尊重される権利
  • 医療情報、説明を受ける権利
  • 医療行為を選択する権利

患者さん-医療者のパートナーシップ(対等な協力関係)について


当センターでは、患者さんを中心に信頼関係を築き、良質な医療を実践するという基本理念のもとに、医療に取り組んでおります。また、患者さんの権利を制定し、その権利を尊重することとしております。そして、患者さんと医療者とのパートナーシップを重要な事柄として位置付けています。
 そのため、「患者さん相談窓口」、「がん相談支援センター」、「患者さんの図書室」などを設置し、患者さんが十分な説明のもとに自分の意思で治療の選択ができるよう、「インフォームド・コンセント」「セカンドオピニオン」「情報開示」などに努めております。医療の質と患者さんの安全確保については、患者さんと医療者とが信頼関係に基づき築き上げてゆくものであり、患者さんが積極的に医療に参加することが重要です。
 安全で安心できる高度な医療を行うため、患者さんとより良いパートナーシップを築いてゆきたいと考えています。

沿革

昭和55年(1980)4月
開設
昭和56年(1981)4月
第三次救命救急センター 指定(20床)
昭和57年(1982)7月
関東信越地区地方腎移植センター 指定
昭和61年(1986)1月
災害時後方医療施設 指定 (現在、地域災害拠点中核病院)
平成2年(1990)3月
腎移植センター研究棟 新築
平成2年(1990)7月
教育研究棟新築、B館(外来・病棟)新築、C館(中央診療部門)増築
平成3年(1991)4月
総合病院に移行
平成3年(1991)10月
厚生棟 新築
平成6年(1994)9月
手術棟増築、人工透析室 移設(手術棟1Fへ)
平成7年(1995)4月
日本腎臓移植ネットワーク 腎臓移植施設・HLA検査センター 指定、核医学部門 移設(手術棟B1Fへ)
平成8年(1996)1月
輸血部棟 増設
平成8年(1996)6月
第三次救命救急センター10床 増設(合計30床)
平成10年(1998)3月
研修医棟 新築
平成13年(2001)3月
C館5階 増築
平成14年(2002)4月
D館 新築
平成19年(2007)12月
卒後臨床研修評価機構 認定
平成20年(2008)2月
地域がん診療連携拠点病院 指定
平成27年(2015)2月
「緑風館」(院内保育所・研修医宿舎) 新築

  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyrightc Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927

ページトップへ