• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

東京医科大学八王子医療センター 安全管理指針

(目的)

 第1条
 この指針は、学校法人東京医科大学における医療安全に関する基本方針の趣旨に基づき、東京医科大学八王子医療センター(以下「医療センター」という。)における医療の安全を確保するために必要な体制及び医療事故発生時の対応方針を示し、もって良質で安全な医療提供に寄与することを目的とする。

(基本的な考え方)
 第2条
 質の高い医療を持続して提供するためには、安全管理体制のより一層の充実を目指す必要が重要である。この目的を果たすため、全ての医療従事者の責務として、全職員が医療の質の向上と安全の推進に取り組まなければならない。
 病院長は、個人の努力に依拠する安全管理には限界があることを認識し、組織を挙げた安全管理体制の構築に努める必要がある。

(組織及び体制)
 第3条
 病院長は、「学校法人東京医科大学における医療安全に関する基本方針」第2条第2項各号に従い、次に掲げる者を任命し、部門を設置する。
(1) 安全管理委員会
(2) 安全管理室
(3) 統括安全管理者
(4) 感染制御部
(5) 医薬品安全管理責任者
(6) 医療機器安全管理責任者
(7) 患者相談窓口
 病院長は、前項各号に掲げる者及び部門の運営に係る事項を定める。

(職員研修)
 第4条
 病院長は、医療に係る安全管理のための全職員に対する研修を実施する。

(報告等に基づく安全管理体制)

 第5条
 全職員は、患者に望ましくない事象が発生した場合、またはその可能性を発見した場合には、別に定める規定に基づき報告をしなければならない。

(医療事故等発生時の対応)
 第6条
 全職員は、患者に有害事象が発生した場合、患者の回復並びに患者及び家族等に対する情報提供に努める。
 病院長は、患者に有害事象が発生した場合の対応に係る事項を定める。

(個人情報の保護)
 第7条
 全職員は、患者等の個人情報を保護する義務を有する。
 病院長は、個人情報保護に係る事項を定める。


(改廃)
 第8条
 本指針の改廃は、本指針第3条第1項第1号に定める委員会が発議し、幹部会の審議を経て、病院長が決定する。

 附 則

 本指針は、平成27年3月19日から施行する。


安全管理・報告体制

安全管理体制は、病院長のもと、安全管理に対する様々な施策の決定機関である安全管理委員会、医療安全対策の分析・計画・実施・評価を行う安全管理室、現場に直結した情報交換と検証を行うリスクマネージャー委員会からなっている。


医療安全に関連する委員会

安全管理委員会
病院長を委員長とした基幹委員会で、院内における医療事故等の情報収集、医療事故防止のための具体的対策の検討及び推進、医療事故防止のための教育及び研修等の決定を行う。
リスクマネージャー委員会
委員長を中心として各部門のリスクマネージャーが集まり、インシデントレポートの分析の報告及び安全管理に関する事項の報告の場である。
安全管理室
安全管理室は、安全管理委員会で決定された方針を具体化し、実行推進を図る組織である。安全管理室がリスクマネージャーにその旨を指示し、周知徹底を図らせるものである。安全管理室は、室長、統括安全管理者、書記で構成する。
感染対策委員会
各部門の代表で構成され、(1) 感染チームへの助言と支援、(2) 病院長への提言、(3) 感染症、感染対策全般に関わる検討並びに審議する。
薬事委員会
副院長を委員長として、診療部門、管理部門、薬剤部門、看護部門が集まり、医薬品の安全性や、医薬に関する必要事項について審議し、答申する。
クリニカルパス委員会
各職種が集まり、医療センターにおけるクリニカルパスの作成、運用等について審議する。
衛生委員会
病院長を委員長として、衛生管理者、産業医をはじめとした委員で構成され、衛生管理の向上を目的とした施設の調査審議を行う。
医師・看護師連絡会
各科医長、各外来・病棟責任者が集まり、医療安全のための様々な問題点を話し合い、連絡を密に活動している。


  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyrightc Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927

ページトップへ