東京医科大学八王子医療センター看護部
看護部|東京医科大学八王子医療センター

2017.04.13患者さんのためにひとりひとりが出来ること(急変シミュレーション演習を実施して)

 私達の外来にはリウマチ外来があります。医師1名の小規模の外来です。近年関節リウマチ治療はメトトレキサート、生物学的製剤の登場により臨床的緩解から機能的緩解を目指すことが可能になってきました。しかし画期的治療薬の導入により感染症やアレルギーショックなどで救急医療の必要な場面がみられるようになってきたのも事実です。そこでリウマチ外来では急変対応シミュレーション演習を実施しました。

与えられたテーマは以下のようなものです。
 「リウマチの生物学的製剤(レミケード)の点滴中患者さんの体調が悪化しました!医師、看護師、クラークさんが一人ずつ診察室にいます。さあ!あなたならどう行動しますか?」

 事前に資料を読み予習をしたので、“観察して医師を呼んで救急カートを持ってきて…”と、イメージトレーニングはOK! ところが普段急変など縁がない外来の一室です。モニターも無い、救急カートも無い、人手も無い、やはり上手くは動けませんでした。そして反省だらけで演習は終了しました。
 しかし、見えてきたものはたくさんありました。少ないマンパワーでも効率よく動くためにチーム内で患者の状態、情報を共有することが重要であること、そして、常日頃からひとりひとりがなにをすべきか、何ができるかを考えながら行動することの大切さです。
 終了後、クラークさんからは「急変のイメージを持てるようになりました」看護師からは「実際の外来を使って演習できたので実感が湧きました」という感想が聞かれ、この演習を行って良かったと思いました。これからも患者さんのために出来ることを考え看護につなげていきたいと思います。
第3外来 布施 由美 一覧をみる

2017.05.08
チームで行う糖尿病教室
 D4病棟には糖尿病の患者さんが多く入院しています。現在糖尿病の患者数は全国で316万人と言われており、今後も増加していくと考えられます。今回は私たちの病棟で実...
2017.05.08
穏やかな時間
 がんの患者さんは、長い治療を受けていく中で、人生の締めくくりをどこかで意識しながら生活しています。ふとした瞬間、「桜が咲く頃には、もう僕はいないな」「来年の春...
2017.03.15
高次脳機能障害のある患者さんの自宅退院を目指した関わり
 脳卒中を発症すると意識障害や麻痺などさまざまな障害を合併し、自立した生活がある日突然困難になります。患者さんとご家族がこれまで築き上げてきた生活スタイル・社会...