東京医科大学八王子医療センター看護部
看護部|東京医科大学八王子医療センター

2017.05.08穏やかな時間

 がんの患者さんは、長い治療を受けていく中で、人生の締めくくりをどこかで意識しながら生活しています。ふとした瞬間、「桜が咲く頃には、もう僕はいないな」「来年の春、もう、この桜は見られない。この気持ちは、元気なあなたにわからいわよね」と、心の奥底にある思いを語られることがあります。このような言葉を看護師に告げられたとき、どのような言葉を返したらよいでしょうか。「そんなことないですよ」「そんなこと言わないでください」と励ましの言葉をかけたり、何も言えずに気持ちを沈ませナースステーションに戻ってきたりする看護師は少なくありません。
 しかし、がんの患者さんは、このような言葉を語られるとき、私たち看護師に気の利いた言葉をかけて欲しいわけではなく、来年の桜を見られるようにして欲しいわけでもないのです。青い空を背景に見える満開の桜を、同じ視線で見ること、同じ風を感じること、その時その時の思いを共有することが、患者さんにとって穏やかな時間になるのです。看護師の励ましの言葉ではなく、患者さんの思う方向を否定せずに一緒に見つめることが、寄り添うことであり、緩和ケアのひとつとなるのです。人生の締めくくりを語る患者さんの気持ちは、すべて理解することはできませんし、そのような言葉を投げかけられたときの看護師の気持ちは、楽なものではありません。しかし、その言葉を投げかけられた看護師は、患者さんから見て、誠実に向きあってくれる相手として存在し、入院生活の中で支え続けてくれる大切なひとりとなるのです。

 日々、病棟で勤務する看護師たちは、がん患者さんと接する機会が多く、患者さんのひとつひとつの言葉に衝撃を受けたり、つらかったり、悩むこともあります。私は、臨床で勤務する緩和ケア認定看護師として、緩和ケアを指導するとともに、がん患者さんと真摯に向き合う看護師たちに、看護師ひとりひとりの存在そのものが、患者さんの穏やかな時間になるということを伝え続けたいと思います。
緩和ケア認定看護師 藤井 すみれ 一覧をみる

2017.08.07
快適な維持透析人生を願って
 当血液浄化療法室は20床を有し、入院中の患者さんに対して透析を行っています。また血漿交換療法や白血球・顆粒球除去療法、LDL(悪玉コレステロール)吸着療法など...
2017.05.08
チームで行う糖尿病教室
 D4病棟には糖尿病の患者さんが多く入院しています。現在糖尿病の患者数は全国で316万人と言われており、今後も増加していくと考えられます。今回は私たちの病棟で実...
2017.04.13
患者さんのためにひとりひとりが出来ること(急変シミュレーション演習を実施して)
 私達の外来にはリウマチ外来があります。医師1名の小規模の外来です。近年関節リウマチ治療はメトトレキサート、生物学的製剤の登場により臨床的緩解から機能的緩解を目...