東京医科大学八王子医療センター看護部
看護部|東京医科大学八王子医療センター

2018.03.13患者さんの想いに寄り添う退院支援

 総合相談支援センターでは、MSW、看護師が退院支援業務を担っていましたが、今年度よりあらたに、退院支援専従看護師が配置されました。
 「病気」「入院」という予期せぬ出来事に遭遇した患者さんとご家族は、これまでの暮らし方をかえなければならない決断を迫られることがあります。
入院治療によりこれまでの健康状態ではなくなり、今までの生活が続けられるか、生活をどのように変えていけばよいのか、今後どこで療養を継続すればよいのかと様々なことに悩まれます。退院支援看護師は、この漠然とした不安や心配事に対し、現在の病状を抱えながら生活するために必要な知識や技術を伝え、患者さんとご家族が新しい暮らし方を見つけ出してゆくプロセスを支援していきます。
 私が担当する病棟は、悪性腫瘍の患者さんが多く入院されています。
悪性腫瘍の患者さんは退院後も医療の継続が必要であったり、終末期の場合は「家に帰る」タイミングを選ぶことが必要であり、とても難しい支援です。
 肺がん末期の患者さんの療養先意思決定に介入したケースがありました。時間で変化していく患者さんをみて、ご家族はどうしたらよいのかと日々悩まれていました。意識が混濁してゆく中、患者さんに「私がお力になれる事はありますか?」と聞いたところ、「家の天井が見たい」と答えてくださいました。ご家族も一緒に聞いていたこの言葉をきっかけに、家族、病棟スタッフ、在宅医療者が一丸となり、患者さんの思いを叶えるために奮闘し、その結果、次の日には自宅へ退院することができました。退院時「色々とありがとう」としっかりとした口調で帰られる患者さんの姿がとても印象的でした。
 今後も患者さんとご家族の想いに寄り添いながら前に進む一歩を支援していきたいと思います。
退院支援看護師 谷合 恵 一覧をみる

2018.06.01
私らしい生活を目指したストーマケア
 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、排泄に関するトラブルや褥瘡などの創傷へのケアについて専門的な知識と技術をもった看護師です。私は皮膚・排泄ケア認定看護師としてオス...
2018.05.15
私たちの看護 腎臓移植後の快適な日常生活を願って
 私の勤務しているB3東病棟は、循環器内科・消化器外科・移植一般外科・腎臓内科・皮膚科で構成されている混合病棟です。様々な疾患を持つ患者さんが入院していますが、...
2018.04.03
救命病棟での看護の動力になるもの
 A3E(救命病棟1)は今年新設された病棟で、入院対象となる患者さんは救急で来院されたすべての診療科の方です。看護師は、患者さんの全身状態を継続的にモニタリング...