東京医科大学八王子医療センター看護部
看護部|東京医科大学八王子医療センター

2018.06.01私らしい生活を目指したストーマケア

 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、排泄に関するトラブルや褥瘡などの創傷へのケアについて専門的な知識と技術をもった看護師です。私は皮膚・排泄ケア認定看護師としてオストメイト外来を担当しています。オストメイトとは疾患により排便・排尿の経路の変更を余儀なくされた、ストーマ(人工肛門、回腸導管など)を保有されている患者さんのことです。
 オストメイトとなった患者さんは今までと違う排泄経路や身体の外観の変化に多くの不安を抱えています。そういった不安な思いを受け止め、新しい排泄経路としてのストーマに関するケアをご自身で行えるようにお手伝いすることが私たち皮膚・排泄ケア認定看護師の役割です。
 手術が決まった患者さんには手術前からパンフレットなどを用いてストーマの説明を行っています。さらに退院後ご自宅での生活に戻られてからも継続してケアを提供していきますが、その主体となるのがオストメイト外来です。オストメイト外来では、ストーマに起こるトラブルや装具の選択、生活上での相談に対応しています。
 装具が漏れる、ストーマのまわりがかゆい・ただれている、ストーマが心配で外出できないなどストーマに関わる悩み事を抱えた患者さんが多くいらっしゃいます。そのトラブルの原因や悩み事について、患者さんの生活に合わせた解決策を一緒に考えていきます。
 「退院後も相談できるところがあって助かった」「ここに来ると安心する」と言っていただけることもあり、ストーマケアのやりがいを実感しています。入院中から外来まで関わらせていただくことで、患者さんそれぞれの「私らしい生活」ができるストーマケアを目指してサポートしていきたいと思います。
B3西病棟 皮膚・排泄ケア認定看護師 大館 翔子 一覧をみる

2018.05.15
私たちの看護 腎臓移植後の快適な日常生活を願って
 私の勤務しているB3東病棟は、循環器内科・消化器外科・移植一般外科・腎臓内科・皮膚科で構成されている混合病棟です。様々な疾患を持つ患者さんが入院していますが、...
2018.04.03
救命病棟での看護の動力になるもの
 A3E(救命病棟1)は今年新設された病棟で、入院対象となる患者さんは救急で来院されたすべての診療科の方です。看護師は、患者さんの全身状態を継続的にモニタリング...
2018.03.13
患者さんの想いに寄り添う退院支援
 総合相談支援センターでは、MSW、看護師が退院支援業務を担っていましたが、今年度よりあらたに、退院支援専従看護師が配置されました。  「病気」「入院」という予...