東京医科大学八王子医療センター看護部
看護部|東京医科大学八王子医療センター

2019.02.21「眼科病棟との連携 A氏を通して」

 私は週に1回「糖尿病看護外来」を行っています。看護外来の98%の患者さんはフットケアを目的に来院しています。患者さんのなかには他の疾患で入院した際に、爪を観察した病棟看護師からコンサルテーションを受け、それ以降外来通院している患者さんも数名います。
 眼科で入院した時フットケアのために糖尿病外来を紹介され、5年経過した今も通院しているAさんを紹介します。
 Aさんは50代の男性、一人暮らしで糖尿病性網膜症のため視力がほとんどありません。また、糖尿病性腎症の3期で、そろそろ透析の準備も必要であることを医師から説明されていました。
 眼科の手術を受けるために入院した際、ある一人の看護師が清拭の時足の爪が伸びているのを発見し、私に連絡がありました。訪室すると、すべての爪が伸び、靴や靴下の圧力でカーブし指の腹に刺さっている状況でした。患者さんは「目が見えないからここ数年爪を切っていない」と話されました。爪を切ると一部の爪は皮膚に食い込み化膿している箇所も認めました。それでも患者さんは痛みを訴えません。すべての爪切りを行い、眼科病棟の看護師が入院中毎日足浴し足の観察をしてくれました。
 退院して5年経過しましたが、患者さんは自分の足で今でも外来に通院されており、腎機能も悪化していません。患者さんは、「腎臓も悪いしもうすぐ透析だって思っていたけど、看護師さんが毎日足を丁寧に洗ってくれて足を大事にしてくれた。自分でもできることがあるのではないかと思って、食事療法を頑張っている」と話してくれました。
 あの時看護師が足の観察をしていなければ、患者さんは足を切断していたかもしれません。又透析も導入していたかもしれません。看護師がリスクのある足に気付き介入することが、患者さんの病気に対する考えや、人生まで変えることが出来ると改めて感じることができました。糖尿病の患者さんはどこの病棟にもいます。一人でも多くの看護師が、足の状態を観察し、患者さんのセルフケアにつながるような取り組みができるように、これからも取り組んでいきたいと思います。
糖尿病看護認定 松尾 美穂 一覧をみる

2019.06.04
患者さん、家族の思いに寄り添う終末期看護
 D3病棟は、眼科・血液内科・消化器外科・リウマチ科の混合病棟です。周術期から終末期までを対象とした患者さんが入院されています。  先日、当病棟で最期を過ごされ...
2019.04.30
患者さんに色々な選択肢を提供できる看護を目指して
 B4東病棟は、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、泌尿器科、救命科からなります。耳鼻咽喉科・頭頸部外科は中耳炎や副鼻腔炎などのほか、咽頭がんや喉頭がん、舌がんなどの患者さ...
2019.03.27
忙しくても楽しく、患者さんの姿に励まされる病棟
 B3西病棟は消化器外科の病棟で生体肝移植も行っています。 数年前に当病棟にて生体肝移植を受けた患者さんのAさんは、移植をして体調が回復したら「働きたい、社会貢...