東京医科大学八王子医療センター看護部
看護部|東京医科大学八王子医療センター

臨床実践能力育成プログラム(クリニカルラダーシステム)

クリニカルラダーとは臨床実践能力習熟段階のことを言い、当院ではレベルⅠ~Ⅳに分けられています。
当院では、看護職員が段階を踏んで臨床実践能力を高めていくことを目的にクリニカルラダーを用いた能力の開発に取り組んでいます。
クリニカルラダーシステッム
当院のクリニカルラダーは以下の2つで構成されています。
  • ジェネラリスト育成のためのクリニカルラダー
  • 看護管理者育成のためのマネジメントラダー
院内研修は実践能力発達段階(クリニカルラダーレベル)ごとに企画されています。
ラダー評価は年に1回、自己評価及び同僚の看護師・看護管理者による他者評価を行います。それらをもとに看護管理者と面接を行います。

レベルⅠ

手順に沿った看護実践ができる
組織の一員として規律を守り行動できる
「看護者の倫理綱領」を理解することができる
臨床看護師育成システムについて理解し、意欲的に取り組むことができる

レベルⅡ

個別性を踏まえた看護実践ができる
自己に割り当てられた役割を実践できる
看護倫理に基づいて行動できる
臨床看護師育成システムに自主的に参加できる

レベルⅢ

看護理論・根拠に基づいた看護実践ができる
目標達成に向けてリーダーシップが発揮できる
看護倫理上の問題に気づき問題提起できる
積極的・継続的に院内外研修に参加し、自己のキャリア開発を意識した行動ができる      

レベルⅣ

創造的な看護実践の展開と実践能力の向上に向け部署内の調整ができる
部署内の課題を明確にして問題解決のために主体的に行動できる
看護倫理問題を明確化し対処行動をとることができる
専門性を追求し自己実現を目指すことができる