患者さんご紹介方法

消化器外科・移植外科 診療科部長挨拶

消化器外科・移植外科 診療科部長挨拶

 2014年4月1日より東京医科大学消化器外科・移植外科学分野主任教授を拝命致しました河地茂行です。当講座は東京医科大学八王子医療センターに於いて消化器外科・移植外科を担当している診療科で、1995年2月に八王子医療センター開設当初から腎移植を担当していた臓器移植部が発展する形で小﨑正巳先生が初代主任教授として開講し、長尾桓先生に引き継がれ、島津元秀第3代主任教授の時に消化器外科全般と肝移植・腎移植・腎不全外科まで担当する診療科に発展致しました。2017年4月の腎臓病センター開設に伴い、腎移植・腎不全外科を担当する医師が腎臓病センターへ異動となり、当診療科は消化器外科全般と、肝移植・膵移植などの移植医療を担う診療科に再編されました。

 当科は地域の基幹病院であるとともに大学病院として先進的な医療を担う二面の役割をもっています。あらゆる消化器領域の癌診療、良性疾患の治療を行なっており、腹腔鏡手術に代表される低侵襲治療から高難度の開腹手術まで、個々の患者さんに合った適切な医療を提供することを心がけています。さらに、地域の救急医療の担い手として医局員全員が責任感をもって診療にあたっており、南多摩医療圏のラストホープの病院として責務を果たしています。

 生体肝移植は2007年より中断していた医療ですが、私達の新チームにより2012年から再開しております。まだまだ症例数は少なく、一例一例を大事に取り組んでいますが、それまでの肝移植の経験を生かして、最近では肝細胞癌に対する生体肝移植や、ABO血液型不適合間の生体肝移植にも取り組んでいます。

 地域の皆様が安心して診療を委ねて頂けるよう、真摯に研鑽を積んでまいりますので、是非とも当科の外来を訪れて頂けるようお願い申し上げます。