消化器外科

消化器外科について

 消化器外科では、消化管(食道、胃、小腸、大腸、直腸)、肝臓、膵臓、胆嚢・胆管に 起こる病気を中心に腹部全体の外科治療を担当しています。私達、東京医科大学八王子医療センターの消化器外科は東京都がん拠点病院や関連学会認定の専門医修練施設にも指定されており、高度先進医療に積極的に取り組んでおります。手術治療はもちろん放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせた集学的治療にも取り組んでいます。また、循環器疾患や糖尿病、透析患者さんなど術前後に高度な全身管理が必要な手術症例に対しても関係各科と連携して治療に当たります。

このような症状がありませんか?

食道疾患

食事をすると胸に違和感がある、胸に痛みがある、胸焼けする、 嘔吐しやすい、食事をするとむせる、吐血した、健康診断で食道の再検査を勧められた など

胃疾患

胃がもたれる、みぞおちが痛い、食欲が低下した、吐き気がする、 胃が重い、黒い便が出た、吐血した、健康診断で胃の再検査を勧められた など

腸疾患

健康診断で便潜血、貧血があると言われた、肛門から出血した、 お腹にしこりがある、便秘、下痢、お腹が痛い など


肝疾患

顔・目が黄色くなる、慢性的に下痢が続く、常にダルさを感じる、など

胆嚢・胆管疾患

右上腹部痛や右肩が痛む、みぞおちが痛む、熱がでた、顔・目が黄色くなる

膵疾患

上部腹痛がある、背中が痛い、下痢が続いている、発熱

その他

上足の付け根にしこりがある(ヘルニア)


主な手術実績


    アクセスマップ
  • 大きなサイズでみる
  • Googleマップでルートを調べる
  • フロアマップ