移植外科

肝移植について

肝移植とは

左葉移植と右葉移植

肝移植は肝不全となった患者さんの根本的治療法です。日本では1989年に初めての生体肝移植が行なわれてから、2015年までに約8000例の手術が行なわれています。
肝移植には死体(脳死)肝移植と生体肝移植があります。脳死肝移植は1993年に初めて行なわれましたが、脳死臓器提供が少なく、当初は年間数例の脳死肝移植に限られていましたが、2010年7月に臓器移植法が改正され、本人の意思が不明な場合でも遺族が承諾すれば臓器提供が可能となったことで年間50例程度の臓器提供があり脳死肝移植数も増えました。しかし、欧米や他のアジアの国々に比して日本の脳死臓器提供はまだまだ少なく、本邦では生体肝移植が施行されることが多いのが現状です。日本の生体肝移植後の5年生存率は18歳以上の成人で72.4%、18歳未満の小児で86.4%と報告されています。
当科では2000年10月から2016年12月までに57例の生体肝移植が行なわれてきました。2007年までに施行された52例の肝移植成績(1年生存率57.7%)について患者さんや一部のマスコミから問題提起がなされ、肝移植を中止していた時期がありました。2012年になり肝移植を専門とする医師による新しいチームができたことにより、肝移植を再開し現在に至っています。脳死肝移植は行なっておらず、生体肝移植のみを実施しており、多摩地域では唯一の生体肝移植実施施設です。

移植件数 グラフ1

当院での肝移植

東京医科大学八王子医療センターでの体制

当科では、2012年10月に生体肝移植再開をホームページでご報告し、2012年12月に再開初例の患者さんに生体肝移植を施行しました。再開初例のドナーは術後12日目に、レシピエントは術後35日目に無事退院されました(写真)。当科では2012年10月から2017年3月までに計5例の生体肝部分移植が施行されています(図)。対象となった疾患はB型・C型の慢性肝硬変、肝細胞癌、劇症肝炎、アルコール性肝炎で、使用されたグラフトは肝左葉+尾状葉が一例でその他4例ではすべて肝右葉を使用しました。最近は中肝静脈枝の再建に大腿静脈グラフトを使用して良好な結果を得ています(図)。また、当科ではABO血液型不適合症例であっても、慎重な適応の検討ののち移植を施行しています(後述)。2012年に肝移植が再開されてからこれまでに施行された生体肝移植5症例中4例が生存しており、生存率は80%です。当科における生体肝移植は島津前教授の体制で再開され、現在では河地茂行主任教授を先頭に一例一例を大切に、症例を積み重ねている最中です。

当科の生体肝移植症例(再開後)一覧
大腿静脈グラフト

生体肝移植は手術経験の蓄積とともに手術の安全性が向上し、標準的な治療法と考えられるようになっています。重度の肝臓病の方でもあきらめずに治療を継続することが重要です。肝臓病でお悩みの方や不安をお持ちの方はまずは当科肝胆膵外科外来を受診するか、当科移植コーディネーターへお電話ください。


<お問い合わせ先>
東京医科大学八王子医療センター 消化器外科・移植外科
電話:042-665-5611
担当:移植コーディネーター 池田 千絵
外来受診を希望の方は毎週火(河地)・木(河地)・土(千葉)曜日の消化器外来(外来受付 8:30~11:00)を受診してください。

八王子医療センター 消化器外科・移植外科

ABO血液型不適合生体肝移植

以前は成績が不良のため禁忌とされていたABO血液型不適合肝移植ですが、現在はさまざまな工夫によりその成績は血液型適合移植と遜色ないレベルまで改善してきました(文献1)。当診療科ではABO血液型不適合症例に特徴的な合併症である肝壊死、肝内胆管障害、抗体関連拒絶を予防・治療するために①リツキサン投与、②門脈注入療法(文献2)、③血漿交換、④脾摘などの工夫を加えることで血液型不適合生体肝移植を行っています。2012年に生体肝移植を再開以来、当科ではこれまでに2例のABO血液型不適合生体肝移植が施行され、両症例ともに術後を無事乗り越え、社会復帰をされています。
八王子医療センター 消化器外科・移植外科
八王子医療センター 消化器外科・移植外科

文献1.日本肝移植研究会・肝移植症例登録報告より抜粋:移植 50: 2014
文献2.Tanabe M, Kawachi S, et al. Transplantation 2002;73:1959-61

肝臓移植 患者受診

<お問い合わせ先>
東京医科大学八王子医療センター 消化器外科・移植外科
電話:042-665-5611
担当:移植コーディネーター 池田 千絵
外来受診を希望の方は毎週火(河地)・木(河地)・土(千葉)曜日の消化器外来(外来受付 8:30~11:00)を受診してください。

肝移植の適応

主な疾患として下記に示しました。

  1. 肝細胞性疾患
    ウイルス性肝硬変(B型・C型)、アルコール性肝硬変、自己免疫性肝硬変
  2. 胆汁うっ滞性疾患
    原発性胆汁性肝硬変(PBC)、原発性硬化性胆管炎(PSC)、胆道閉鎖症、アラジール症候群、カロリ病
  3. 血管性疾患
    バッド・キアリ症候群
  4. 劇症肝炎、代謝性疾患、その他
  5. 腫瘍性疾患
    肝細胞癌、肝芽腫、転移性肝癌(神経内分泌腫瘍)
    ※肝細胞癌については下記のA及びBの条件に合致する場合に限ります。
  6.  
    1. 脳, 肺, 骨, リンパ節などへの転移と血管侵襲がない。
    2. 5cm以下1個, あるいは3cm以下3個以内の場合(ミラノ基準)
★ ミラノ基準とは?
ミラノ基準とは

1996年にイタリアのミラノ国立癌研究所の研究チームが48例の脳死肝移植の結果をもとに発表した肝癌に対する肝移植が適切か判断する基準の一つ。
日本では平成16年(2004)から保険適用の基準として用いられている。

「腫瘍が単発で直径5センチ以下、または3個以内で直径3センチ以下」が「適切」とされる。

手術時期

非代償性肝硬変の症状、全身倦怠感・黄疸・腹水・肝性脳症・出血傾向等が出現し、日常生活に支障が出て入退院を繰り返すようになると肝移植を考慮することが多いです。具体的には採血検査の総ビリルビン値、アルブミン値、プロトロンビン時間および腹水の程度や肝性脳症の有無から算出されるChild-Pugh分類などが用いられ、Cは末期肝不全として肝移植の適応と考えられています。

Child-Pugh分類

Child-Pugh分類 表

生体肝移植ドナーの基準

  1. 原則として65歳以下の健康人。
  2. 心身ともに健康で、肉体的、精神的に肝切除に耐えうる。
  3. 日本移植学会倫理指針(平成15年10月)に違反しない。
  4. 親族(6親等以内の血族、配偶者、3親等以内の姻族)に限定する。
  5. 親族に該当しない場合は倫理委員会で承認を得て、日本移植学会に意見を求める。
  6. 提供は自発的な意志によることを第三者が確認する。
  7. 未成年者(16歳以上20歳未満)では、成人に匹敵する判断能力を有することを精神科医等が確認し、かつ倫理委員会の承認を得る。
  8. 血液型が一致、もしくは適合していることが望ましいですが、最近は血液型不適合移植でも特殊な周術期管理を行うことで成績が改善しつつあります。
  9. 肝臓の大きさが十分にあること。
  10. 自分の意思で肝臓を提供したいと思っていること。
  11. さらに精密な検査を加え、特に肝臓に関しては大きさだけではなく、脂肪肝などがないことを確認し、ドナーとして適切かどうかを判断します。

さらに精密な検査を加え、特に肝臓に関しては大きさだけではなく、脂肪肝などがないことを確認し、ドナーとして適切かどうかを判断します。

    アクセスマップ
  • 大きなサイズでみる
  • Googleマップでルートを調べる
  • フロアマップ