移植外科

肝移植よくある質問

ドナーは何歳から可能ですか?

自発的な提供の意思がある20歳以上の方です。
上限年齢については、多くの施設は60〜65歳を一つの目安にしています。高齢の方は心肺機能、肝機能の低下も懸念されるため慎重に検討します。

ドナーの肝臓は術後どのようになりますか?

ドナーの残った肝細胞は術後すぐから再生します。
切除率にもよりますが1年もすると容積は術前とほぼ同じまで回復します。

ドナー手術後にはどんな合併症がありますか?

ドナーの方の安全確保は生体肝移植の最優先の課題です。
しかし健康なドナーといえども肝臓を切除する手術は大手術であることには変わりません。
全体で20〜30%に何らかの合併症が起こるといわれており、右葉を提供した場合の方が合併症の頻度が高いと言われています。具体的には創部の感染や疼痛、肝臓断面からの胆汁の染みだし、胃内容停滞、腸閉塞、胃・十二指腸潰瘍、胸水などが挙げられます。これらの合併症は一過性のものがほとんどで、通常後遺症なく改善しますが、治療に時間がかかることもあります。

肝移植手術後病気が再発する事はありますか?

免疫抑制剤を服用しますので、肝炎ウィルスに対しては十分な注意が必要です。
再発予防のためにインターフェロン療法やグロブリン注射などが行われますが、医療費助成制度もありますのでご相談ください。また肝癌の再発にも注意が必要です。

アルコールを良く飲むドナー方からの移植は可能ですか?

手術前に禁酒が必要です。手術が可能かどうかは術前検査にて判断します。

お酒は飲めませんか?

レシピエントの方は術後原則禁酒です。
ドナーの方は術後外来で相談させていただいております。

術後はどの位で社会復帰ができますか?

ドナーの方は術後約2か月、レシピエントの方は3〜6か月が一般的ですが、全身状態によってはそれ以上かかることもあります。

    アクセスマップ
  • 大きなサイズでみる
  • Googleマップでルートを調べる
  • フロアマップ