移植外科

膵移植について

膵移植とは

1型糖尿病の患者さんで、インスリンによる血糖コントロールが非常に難しい場合や、糖尿病に伴う合併症(下記)が急速に進行する可能性のある方に対して、正常なインスリン分泌を獲得して頂く為の膵臓移植手術です。
インスリンの適正な分泌がなされることで、血糖値は正常化し、糖尿病合併症の進行を抑制します。
インスリン注射から解放されることで生活の質は改善し、さらには脳梗塞や心筋梗塞のリスクを軽減し延命効果を期待する治療法であり、糖尿病に対する根治療法として捉えられています。

膵移植の種類

 膵移植には

  1. 膵臓単独移植
  2. 膵腎同時移植
  3. 腎移植後膵臓移植
があります。
糖尿病による腎臓の障害がない方、もしくは糖尿病性腎不全に陥ってしまったものの腎臓の移植を受けて移植腎が機能している方は膵臓単独の移植の適応です。糖尿病性腎不全により透析を行っておられる患者さんは膵臓と腎臓を同時に移植する膵腎同時移植の適応となります。
通常は脳死になったドナー(臓器提供者)から提供された異常のない健康な膵臓(もしくは膵臓と腎臓)をレシピエント(臓器を提供される患者さん)に移植します。心停止ドナーの方から提供頂く事もあります。さらに、近親者などから膵臓の半分を提供して頂き生体膵移植を行う事も可能です。

膵移植 登録の流れ

  1. 相談

    まず、かかりつけの医師(糖尿病や透析の主治医)に相談して下さい。
    かかりつけ医より当センター移植外科への紹介を頂きます。

  2. 適応判断

    紹介を元に、移植医と内分泌内科医(糖尿病を専門としている医師)が膵(腎)移植の適応があるかどうかについて検討します。追加で必要な採血等の検査があれば行います。

  3. 登録

    その検査結果をもとに膵(腎)移植の「適応あり」と判定されれば、移植医より患者さんに対し膵(腎)移植の説明を行い、日本臓器移植ネットワークにレシピエント登録申請をします。

  4. 待機

    登録後、ドナー(臓器提供者)が発生し日本臓器移植ネットワークにより移植候補に選ばれると、ネットワークより当院に連絡があります。
    すぐに当院よりレシピエントの患者さんに連絡させて頂き、移植の意思を再度確認させて頂きます。
    レシピエントの患者さんの全身状態が移植手術可能と判断されましたら、入院して頂き移植となります。

ドナーが現れた場合には、レシピエントは登録されている膵および膵腎同時移植希望登録者の中から以下の順で選択されることになります。

  1. 血液型が一致もしくは適合の待機者が候補となります。
  2. さらに、提供される方と移植を受ける方とのリンパ球の相性を調べる検査(組織適合性検査)を行い、問題なければレシピエントとして適合となります。
  3. レシピエントとして適合となる方が複数おられた場合には、優先順位に従います。血液型の一致する方が適合する方より優先となり、同一の候補者が存在する場合は、組織適合性検査の結果判定により適合性がより高い方が優先されます。
  4. 更に待機者が複数人存在する場合は、膵腎同時移植、腎移植後膵移植、膵単独移植で登録されている順に優先され、待機期間の長い方、臓器搬送に要する時間が短い方が優先されます。
現在、脳死下又は心停止下での膵臓移植を待っておられる患者さんの数は、全国で194名におよび、内、膵腎同時移植で待機されている患者さんは144名にのぼっています(平成23年10月31日現在 日本臓器移植ネットワーク)。

脳死移植の場合、実際に移植手術が行われる施設は認定施設として限定されています。全国に当センターを含め現在17施設が認定されていますが、逆に言うとこの17施設以外での膵移植は実施されることはありません。いずれの施設でも膵腎同時移植も対応可能となっています。

膵移植の適応

膵移植の適応となる患者さんは1型糖尿病の方で、専門医による内科的治療(インスリン療法)によっても血糖コントロールが極めて不良で糖尿病合併症が治療困難な方、糖尿病性腎症の為に腎不全の方(腎移植後の方も含まれます)となります。
一般的にレシピエントとしては60歳以下が望ましいとされています。
活動性のある感染症をお持ちの方、悪性腫瘍を有する方、慢性的な肝機能異常を有する方、消化性潰瘍を有する方は移植手術の適応外とされています。しかし、状況によっては移植を行う事が可能な場合もありますので、移植を希望される方は一度ご相談下さい。

    アクセスマップ
  • 大きなサイズでみる
  • Googleマップでルートを調べる
  • フロアマップ