• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

糖尿病・内分泌・代謝内科

診療概要

科長:大野 敦
Atsushi OHNO

 糖尿病・内分泌・代謝内科は、糖尿病を中心に、脂質異常症(高脂血症)、肥満などの代謝疾患と甲状腺疾患、副腎疾患、下垂体疾患などの内分泌疾患(一部お引き受けできない分野があります)を取り扱っています。
 当科のメインテーマは、糖尿病における二次予防、三次予防を目指すことにあり、その実現には血糖管理だけでなく、脂質や血圧などの管理も必要です。そのためには、薬物療法のみならず、食事療法や運動療法がさらに重要です。そこで、糖尿病患者の教育や指導、支援のため、看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・健康運動指導士と当科医師が糖尿病療養指導チームをつくり、「教育入院システム」を D4病棟で展開しています。
 患者教育においては、患者が納得して自己管理行動を起こす動機付けとそのモチベーションの維持が重要です。そのために、糖尿病の病態を把握させることにも力を注いでいます。10日~14日の入院期間中に、インスリン分泌能と抵抗性レベルの把握、網膜症・腎症・神経障害、心筋梗塞・脳梗塞などの合併症の検索、そして食事療法と運動療法の実践を通して糖尿病治療の知識や技術の習得を目指しています。
 さらに重要なことは、糖尿病は治す疾患ではなく、コントロールする疾患であることです。長い罹病期間のうちには、様々なライフイベントや急性疾患などのアクシデントが生じます。したがって、日常的アドバイスやコンサルトが必要な疾患です。このような時に、患者の日常生活を把握し、迅速で正確な対応ができるのは、地域における実地医家の先生方です。このために患者の情報を正しく伝え、患者情報の共有化と診断・治療のコンセンサスを持つことが重要です。そこで当科におけるもう一つのテーマが、「患者のための医療連携」です。そのためのシステムとして、当科と地域実地医家の先生方との間の情報交換の場として、 Hachioji DM Network (HADNet) という糖尿病症例検討会を1、3、6、9、11月の原則として第3金曜日―19:30~21:00に開催しています。当科スタッフと地域の先生方がカルテを持ち寄り、「顔が見える」なかで患者の病態に合わせた治療方針を話し合ったり、また日ごろ疑問に思っていることや研究会などでは聞きにくいことなどをフランクな雰囲気の中で出し合ったりしておりますので、是非一度御参加頂ければ幸いです。

外来受診方法

初診の方
原則としてかかりつけ医からの紹介患者さんを新患外来の中で優先的に診療する体制をとらせて頂きます。紹介状のない場合には、急患を除きまして受付時間に関わらず診察時間が大幅に遅くなる場合がありますことを御了承の上で、受診のほどお願い申し上げます。

施設認定

  日本糖尿病学会認定教育施設
  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyrightc Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927