東京医科大学八王子医療センター

乳腺科

診療受付時間

月曜日〜金曜日  8:30〜11:00
第1・3・5土曜日  8:30〜10:00

休診日

日曜日 / 祝日 / 第2・4土曜日
4月の第3土曜日 / 年末年始

住所

〒193-0998
東京都八王子市館町1163番地

042-665-5611
診療受付時間

月曜日〜金曜日  8:30〜11:00
第1・3・5土曜日  8:30〜10:00

休診日

日曜日 / 祝日 / 第2・4土曜日
4月の第3土曜日 / 年末年始

〒193-0998
東京都八王子市館町1163番地

042-665-5611

新年のご挨拶

診療科長 山田 公人イメージ

診療科長
山田 公人

新年明けましておめでとうございます。旧年中、当科に賜りました数々のご厚情とご支援に対しまして、医局員一同心より御礼申し上げます。

当科は、南多摩地域の乳がん診療に対応する中核病院として、大学病院、地域がん拠点病院として、日本乳癌学会乳腺専門医、指導医による医療を提供すべく2006年10月より乳腺科として開設されました。現在、常勤スタッフ3名、非常勤スタッフ数名で診療に当たっています。

新型コロナウイルス感染も終息に向かう矢先、新たなオミクロン株の出現により、今なお先行き混沌としております。昨年度はコロナ禍で受診控えも懸念される中、乳癌181件と例年を超える手術を行いました。また形成外科との連携による同時再建手術も10例以上含まれています。これも手術室スタッフ、麻酔科、形成外科のみならず、医療センターのすべての部署が、相互に協力しあえる体制があるからこそ実現できたものと考えています。

当初手術中心で経過した乳癌治療は、20世紀後半になりホルモン療法や化学療法、放射線療法との標準治療が確立されました。その後多くの分子標的治療の開発、そして最近では免疫療法、がんゲノム医療も適応となり、現在の個別化治療に至っています。再発後も長期生存が期待できる症例も多く、その間、患者・家族の生活の質(QOL)を支えることも大変重要です。さらに遺伝性乳癌、若年性乳癌など個別化への要求度は今後さらに高まる一方であります。

 ワンチーム、患者ファーストの精神で、最新のエビデンスに基づく、個々の患者さんにとって最善治療の提案と親身な治療、近隣他施設との緊密な医療連携(紹介医への逆紹介、療養施設、緩和医療施設への手厚いご紹介)、そして診療のみならず、研究や教育にも邁進していく所存です。

ご紹介して頂いた先生方が感謝されるよう、「やさしく」「ていねいに」「しっかり」した診療を提供し、地域の皆様のお役に立てるよう鋭意努力して参りますので、さらなるご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

この新しい年が、皆様にとって佳き年となり、コロナ禍の一刻も早い終息を心より祈念致しまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

令和4年 睦月

診療科長・准教授
山田公人

対象となる疾患

八王子市の人口は現在約56万人です(2013年5月現在)が、全国における乳がんの発生頻度を考えますと市内だけでも年間300人以上の方が乳がんに罹患すると考えられています。

当科は開設後6年を経過し、当初1人体制からスタートしましたが、現在は4人の常勤スタッフで診療にあたっております。
開設以来しばらくの間はスタッフ不足のため、院内だけでは十分な対応が難しく、初期より連携医療に力を入れ、高い診療レベルを持つ近隣の医療機関と積極的に連携を行い、地域の中でも患者さんが満足のいく医療が受けられるような環境整備に努めてまいりました。
現在はスタッフも徐々に充実し、特に、乳がんの診断時、再発時の心のケアを行うメンタルヘルスや乳房再建に対応する形成外科といった専門性を持った非常勤医の応援を得て、乳がん診療の多くの領域を院内で対応できる体制になってきました。しかし今までの近隣施設との連携医療態勢が構築されておりますので、検診精査後の経過観察などは連携をとりながら診療に当たっております。

また、現在も連携施設とは3ヶ月毎に「乳がん連携医療の会」を開催し、情報交換を行っております。 日々の診療に当たっては、乳腺科スタッフの他、日本看護協会乳がん看護認定看護師、日本看護協会がん化学療法看護認定看護師、日本看護協会緩和ケア認定看護師など専門資格を持ったスタッフとともに定期的にカンファレンスを持ちながらチーム医療を実践しています。

外来受診方法

初診の方へ

受診には、紹介状が必要です。お近くの『かかりつけ医』にご相談ください。
火曜日・木曜日・金曜日…午前8時30分から午前11時まで受け付けています。
第1・3・5土曜日…午前8時30分から午前10時まで受け付けています。
初診時は医師の指定はできません。ご了承ください。
※水曜日は再診のみとなります。

再来の方へ

予約制になりますので、診察終了時に診察室あるいは予約センターで次回の予約をおとりください。
なおご都合の悪い場合は、電話にてご変更ください。
電話 042-665-5611(内線 3193 第4外来受付)

受診の際は…

着脱に時間がかかる着衣でのご来院はご遠慮ください。
他院ですでに診療を受けており、その治療方針に関するご相談はセカンドオピニオンの外来になります。
総合相談・支援センター 医療連携室に連絡の上、ご予約ください。

患者さんへのメッセージ

乳がんの治療に特別な治療法はありません。
治療成績を向上させるためには、その時点で、最良とされる標準治療を行うことです。

しかし標準治療は日々進化していきます。我々は常に最新の情報を取り入れ、日々の診療に反映させていきたいと思います。
また、患者さんの社会的背景も考慮した治療を行うよう心がけております。

データベース事業への参加に関して

学術研究へのご協力のお願い

当科では八王子医療センター センター長の了解のもと、以下のデータベース事業に参加しています。

その趣旨をご理解いただきご協力いただくようお願いいたします。

• NCD(National Clinical Database)

• JACVSD(Japan Adult CardioVascular Surgery Database)

• 患者さんへ 専門医制度と連携したデータベース事業について (PDF)

• JACVSD(http://www.jacvsd.umin.jp/

対象となる症状

対象疾患

  • 乳腺疾患全般

  • 乳がん

  • 葉状腫瘍

  • 乳腺良性腫瘍など

行っている検査

検査の種類

マンモグラフィー 乳腺超音波 吸入式針生検
マンモトーム 針生検など

行っている治療

脳血管障害の外科的治療

  • マンモグラフィー

  • 超音波

  • 吸入式針生検装置(マンモトーム)

  • 1.5TMRI

  • CT

  • PET/CT

  • RI(骨シンチグラフィー、リンフォシンチグラフィー)

  • 放射線治療装置 ほか

医師紹介

  • 准教授・科長

    やまだ きみと

    山田 公人

    担当曜日

    火・金

    [特に専門とする領域]

    乳がん治療全般(手術、薬物治療)、進行・再発乳がんの治療・緩和ケア、乳房痛のレーザー治療

  • 助教

    あまや けいご

    天谷 圭吾

    担当曜日

    火・水(予約制)・木・土

    [特に専門とする領域]

    乳がん治療全般(手術、薬物治療)、葉状腫瘍・乳腺炎、その他

  • 助教

    あだち かよ

    安達 佳世

    担当曜日

    木・金

    [特に専門とする領域]

休診・代診情報

休診日休診医師代診医師
2022年04月06日(水曜日)天谷 圭吾