• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

高齢診療科(旧 老年病科)

高齢診療科 Q&A

高齢診療科とはどんな科ですか?


高齢診療科という科は皆さんにとって馴染みの薄い科と思いますが、現在全国80の大学医学部のうちの1/4にあたる20大学に講座または臨床科があり、臨床、研究面で多くの活動をしています。
当科の特徴は、「複数の疾患をかかえるお年寄りに対して、臓器別に治療するのではなく、全人的に治療する科」といえます。具体例をあげましょう。高血圧、糖尿病、原因不明の貧血を持つお年寄りが脳梗塞になったとしましょう。臓器別で受診する場合、脳外科(または脳神経内科)、循環器内科、内分泌内科、血液内科の4科にかかることになり、時間的、体力的に大変です。また、各科から薬が処方されると、同種薬の重複処方の恐れもあります。このような複数疾患を一人で抱えるお年寄りを、一つの科でまとめて治療しようとするのが当科の特徴です。なお、一般的には65歳以上を老人と定義していますが、当科では75 歳以上の高齢者を対象に、日本老年医学会指導医、専門医が外来を担当し、高度かつ先進的な医療水準の維持に努めています。


老年病ってどんな病気ですか?


「人は血管から老いる」と言われるように、老化現象の一つに動脈硬化があります。そして、動脈硬化から生ずる病気の代表として、脳梗塞、心筋梗塞等の血管の詰まる病気があります。しかし、血管の病気以外にも免疫の低下から癌になったり、自己免疫疾患になったりもします。生活習慣病である糖尿病、高脂血症も高齢者に多く見られます。呼吸器疾患では、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫)も高齢者の代表疾患です。他にも多くの疾患がありますので、「老年科の対象疾患」にまとめて記載します。
これらのなかでも「認知症」は老年科にとって重要な疾患です。認知症は大きく、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の2つに分かれますが、近年わが国でもアルツハイマー型認知症が確実に増加してきており、社会問題となっています。アルツハイマー型認知症は、記憶障害(物忘れ)に加えて早期から時間や場所の感覚が障害され、性格変化が出るのが特徴です。数年前までアルツハイマー型認知症は治療法の無い不治の病でしたが、現在は早期に発見して治療を始めることで、認知症の進行を遅らせることが可能となりました。当科では1998年から「物忘れ外来」を行っており、多くの認知症の患者さんを診断、治療してきています。ご家族の方の認知症症状に気づいた際には、当科の物忘れ外来を受診してください。
尚、昨今の物忘れを主訴とする患者さんの増加から、物忘れ初診の患者さんは1日2名までに制限させて戴き、3人目からの方は採血検査を行い予約を取ってから改めて受診していただきますことを御了承下さい。



  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyright© Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927