• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

脳神経外科

科の特色

 脳神経外科は1980年に当医療センター開設以来、地域に密接した医療施設として一般診療ならびに救急医療の役割を担ってまいりました。医療センターが第3次救命施設に指定されていることから24時間365日救急患者の受け入れが可能な体制を取っており、年間約450例の入院患者、300例を超える手術症例を取り扱っております。

t-PA
急性期機械的
血栓回収
脳梗塞の超急性期治療としてt-PA及び急性期機械的血栓回収が注目されていますが、その治療実績を挙げています。

術後のケア
術後のケアや退院後の生活面のサポートも重視しており、完全看護体制、言語療法士、理学療法士による早期リハビリや医療ケースワーカーによる診療施設紹介等も充実しています。

診療内容

脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、頭痛、脊椎・脊髄疾患および機能的脳神経外科(てんかん外科)が主体となっており、CTスキャン、MRI、digital subtraction angiography(DSA)装置、PET、シングルフォトン断層(SPECT)装置、ニューロナビゲーション装置等、最新の診断機器が常時稼働しております。また、血管内手術、頭蓋底手術、脊椎外科手術、神経内視鏡手術等の高度な診療がそれぞれの専門医の下に施行されています。


専門外来 (平成26年10月1日~)

脳血管内治療外来
第1月曜日 午後13:00〜
鬼塚 俊朗 兼任助教が担当
脳血管内治療に関する相談、診察を行います。
脊髄外来
初診: 毎週水曜日・金曜日 (初診受付は8:30~11:00です。)
再診: 第2.4月曜日 受付時間 午後14:00〜16:00 (完全予約制)
脳神経外科 日本脊髄外科学会認定医 橋本亮助教、神保洋之教授が担当
対象患者さん:脊髄外来宛ての紹介状をお持ちの、脊髄腫瘍、脊髄空洞症、脊髄血管障害、脊椎変性疾患、頭蓋頸椎移行部病変の患者さん、もしくは左記疾患が疑われる患者さん
てんかん外来
初診: 毎週月曜日 午前11:00〜
※問診票に必ず「てんかん外来希望」と明記してください。
(初診受付は8:30〜11:00です。)
再診: 毎週水曜日 午後13:30〜 (完全予約制)
日本てんかん学会臨床専門医、迷走神経刺激術資格認定医
須永 茂樹 講師が担当
てんかん全般に関する相談、診察を行います。

  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyright© Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927