• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

形成外科

形成外科

はじめに

科長:吉澤 直樹
Naoki YOSHIZAWA

形成外科は、皮膚や皮下軟部組織(脂肪組織や筋肉など)に生じた怪我や異常を治療する外科系専門領域です。身体の部位や臓器に限定した診療科ではありませんが、顔面や手指など人目につきやすい部位を対象とすることが多いことも特徴です。形成外科は英語でPlastic surgeryと言います。plasticは、私たちの生活に身近なあの「プラスチック」で、これから想像される造形の柔軟さが形成外科医の本領です。様々な理論と手技を用いて、機能ばかりでなく形態にも十分に配慮した治療を行っています。


対象疾患
当院では、おもに次のような症状、疾患を診察しています。
  • 皮膚や皮下のできもの(母斑、脂肪腫など)
  • 顔面の骨折や擦り傷、切り傷
  • 手指の切り傷
  • やけど(熱傷)、やけど後のひきつれ(熱傷後瘢痕拘縮)
  • 治りにくい傷(褥瘡や糖尿病性壊疽など)
  • 傷跡の形成外科(肥厚性瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイドなど)
  • 顔面、手、足の先天異常(多指症、唇裂、口蓋裂、耳介変形など)
  • 変性疾患(眼瞼下垂、巻き爪、陥入爪など)
  • 悪性腫瘍切除後再建(乳房再建、頭頸部再建など)

認定施設

  • 日本形成外科学会認定施設
  • 日本乳房オンコプラスチックサージャリー学会認定エキスパンダー / インプラント実施施設



  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyright© Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927