• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

腎臓内科

腎臓内科

診療概要

科長:尾田 高志
Takashi ODA

 当科では内科的腎疾患の全て、すなわちIgA腎症を代表とする各種糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、間質性腎炎、血管炎・膠原病・糖尿病・高血圧・動脈硬化・痛風・感染症など全身性疾患に伴う腎疾患、多発性嚢胞腎・ファブリー病・アルポート症候群などの遺伝性腎疾患、急性・慢性腎不全、さらには慢性腎臓病と呼ばれる種々の原因により腎機能障害や尿所見異常が慢性的に続く病態など、多岐にわたる疾患を対象に、臨床所見に加え腎生検組織所見などを含めた精査をし、腎臓内科スタッフがカンファレンスで総合的に協議・診断したうえで治療方針を決定しています。代表的な疾患としてIgA腎症の治療と、最近新しい治療法が導入された多発性嚢胞腎の治療に関して下に追記します。
 末期腎不全に対しては、腎代替療法として血液透析や腹膜透析の導入はもちろんのこと、移植外科講座のスタッフと緊密に連携を取って、腎移植への導入、内科的なフォローにも取り組んでいます。
 血液浄化に関して、当科は人工透析センターの管理も担当しており、充実したコメディカルスタッフ体制のもとで病院内の他診療科と協力して各種血液浄化療法を実施しています。人工透析センターで実施している代表的な血液浄化療法を下に追記します。

  1. IgA腎症の治療
  2.  慢性糸球体腎炎のなかで最も多い疾患であり、腎生検により確定診断します。病因として何らかの病巣感染、特に扁桃における慢性感染の関与が示唆されており、この意味で扁桃摘出術+ステロイドパルス療法が根治的な治療法としてわが国では普及しつつあります。当科でも耳鼻咽喉科の協力のもとで積極的に実施を進めています。慢性炎症のフォーカスとして扁桃以外に上咽頭炎にも注目しており治療を含めて今後検討を進める予定です。

  3. 常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)の治療
  4.  ADPKDは両側の腎臓に嚢胞が多発し、加齢とともに増大、慢性に末期腎不全へと進行する、最も多い遺伝性腎疾患です。未だ根本的な治療法はありませんが、最近、トルバプタンという内服薬が嚢胞の増大を抑制し、疾患の進行抑制に有効であることが確認され、臨床応用されるようになりました。当科でも2泊3日の入院コースにより治療の導入に対応しています。ただし、本治療が適応となるのは、嚢胞が両側腎に認める全ての患者さんではなく、一定の基準がありますので当科に受診して適応をご確認いただく必要があります。

  5. 腎代替療法、人工透析センターでの各種血液浄化療法
  6.  末期腎不全に対する腎代替療法として、当科では患者さんの病状・社会的背景などを勘案し、一般的な血液透析療法以外に腹膜透析療法も積極的に導入しています。また、当院の移植外科では、500例を超す腎移植が実施され非常に良好な治療実績を残しており、移植外科と緊密に連携して、腎移植導入への橋渡しや、移植後の患者さんの内科的なケアなどに介入しています。
     人工透析センターでは、慢性の末期腎不全患者に対する血液透析療法に加え、急性腎障害患者に対するCHDFなどの急性血液浄化療法、血漿交換・エンドトキシン吸着・顆粒球除去などの各種アフェレシス療法、さらに難治性腹水患者に対する腹水濾過濃縮再静注法(CART)など広範な治療法に対応しています。


外来受診方法

初診
初診外来は原則予約制とさせて頂いております。予約は各医療機関から当院の予約カウンター内線3192-5へご連絡頂き、来院日に紹介状をご持参下さい。
再診
月~金曜日、第1、3、5土曜日、外来診療担当日、時間予約制にて診療しております。

専門外来・特殊外来・教室

CAPD外来
月、木曜日午後に診療しております。※原則予約制
腎臓病教室
当院では腎臓病の進行予防・進行した際の治療について腎臓病教室を開催しております。
年4回開催し、医師・看護師・薬剤師・医療福祉士・理学療法士など多職種からの説明があり、休憩時間に患者さんの個々の相談にも応じています。院内の講堂で行い、申し込みは不要ですので、どなたでもご気軽にご参加下さい。
2016年度は以下のスケジュールで予定しております。

2016年3月19日(土) 「尿にタンパクが出ていると言われた方へ」
2016年7月16日(土) 「そろそろ透析が必要と言われた方へ」
2016年10月15日(土) 「尿にタンパクが出ていると言われた方へ」
2017年1月21日(土) 「糖尿病で『腎臓が悪い』と言われた方へ」

詳細は腎臓内科 吉川憲子医師(内線7468)もしくは、栄養管理科(内線4156)までお尋ね下さい。

認定施設

  • 日本腎臓学会認定教育研修施設
  • 日本透析医学会認定教育研修施設
  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyrightc Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927