• 病院案内
  • お知らせ
  • 外来・入院案内
  • 診療案内
  • 総合相談支援センター

臨床指標(Clinical Indicator)

(臨床指標)
臨床指標(Clinical Indicator)とは、医療の質を定量的に評価する指標のことで、当センターでは患者さんが診療を受ける際の一つの目安として、「DPC」の算定内容に基づき、厚生労働省が指定する以下の7つの項目について、1年間の診療実績を開示いたします。

【集計対象】
平成27年度に健康保険証を使用して入院された患者さんの診療データ

【DPCとは】
疾患をWHO(世界保健機関)が定めた国際疾病分類に基づき「重症度」「年齢」「手術・処置の有無」「副傷病名」等で細分化した「診断群分類」を指します。主治医はこの分類から入院患者毎に「人的・物的医療資源」を最も投入した診断群分類を選択し、入院治療費の請求を行います。また、厚生労働省もこれら診断群分類からなる「退院患者調査」のデータを診療報酬改定の検討材料としています。
医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

【集計項目】

1)年齢階級別退院患者数 PDF版 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 725 246 380 567 1048 1274 2885 4208 2141 255
年齢階級別退院患者数
【病院からのコメント】
当センターの周辺地域は、八王子市の中でも高齢化率の高い地域であり、70代の方を中心に60代以上の患者さんが、入院患者全体の65%を占めています。
また、地域の中核病院であり、がん診療や救命救急にも力を入れていることから、幅広い年齢層の患者さんを受け入れております。

2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) PDF版 ファイルをダウンロード

■血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし - - 17.69 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし - - 18.99 - -
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 15.36 - -
【診療科からのコメント】
当科のDPC症例の内訳は、地域の特性より高齢者症例が比較的多くを占めるため、悪性リンパ腫が最も多く、次いで骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫の順になっております。主な治療の内訳は、初発B細胞性非ホジキンリンパ腫に対するR-CHOP治療、再発の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫に対するトレアキシンもしくはリツキサンを含む化学療法、骨髄異形成症候群のビザーダ療法等です。そして、多発性骨髄腫のベルケイドもしくはレブラミドを含む化学療法などは、初回導入後は主に外来通院で行われています。
■循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 195 3.47 3.07 0.51 69.02
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 158 5.51 4.87 0.00 69.58
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 133 5.63 5.68 0.00 63.37
【診療科からのコメント】
虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)とは、心臓の筋肉に血液・酸素を送る血管(冠動脈)が、コレステロールがたまることなどにより狭くなり、心筋の酸素不足を来す状態です。胸の痛み・締め付ける感じ・苦しさなどを感じます。症状が15分以上続く場合は、心臓の筋肉の壊死(心筋梗塞)を起こし始めている可能性があるため、緊急の治療が必要です。また安定した狭心症の状態においても、その病状に合わせた治療(内服、カテーテル治療、バイパス手術)の選択が必要です。当院では、運動負荷試験、負荷心筋シンチグラム、血管内超音波、圧センサー付きガイドワイヤーなどを用いることにより、それぞれの患者さんに最適な治療方法を提供できるよう心掛けています。
病的な原因により脈が遅くなる(徐脈)あるいは脈が速くなる(頻脈)病気を不整脈と言います。ふらつき、動悸などを来します。当院では心房細動などの頻脈性不整脈に対し、カテーテルアブレーション治療を行うことにより治療効果をあげています。
■糖尿病・内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 211 15.33 15.35 0.00 63.47
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 10.48 6.55 0.00 59.04
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 13 15.31 14.30 0.00 64.38
【診療科からのコメント】
 糖尿病を中心に肥満、脂質異常症などの代謝疾患と甲状腺疾患、副腎疾患などの内分泌疾患を専門とし、午前・午後各2診体制で外来診療を行っており、2016年3月末の次回外来予約ベースの定期受診患者数は2,850名でした。
 糖尿病の診療では、薬物療法のみならず食事療法や運動療法がさらに重要です。そこで、糖尿病患者の教育や指導、支援のため、看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士と当科医師が糖尿病療養指導チームをつくり、「教育入院システム」をD4病棟で展開しています。10日〜14日の入院期間中に、インスリン分泌能とインスリン抵抗性レベルの把握、腎症・神経障害、虚血性心疾患を中心にした合併症の検索、そして食事療法と運動療法の実践を通して糖尿病治療の知識や技術の習得を目指しています。また内分泌疾患については、副腎疾患を中心に各種負荷試験による精密検査を入院にて行っております。
■消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060340xx03x01x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病あり 58 14.07 18.53 8.62 77.03
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 47 12.87 11.98 0.00 73.51
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 7.27 10.93 0.00 70.95
【診療科からのコメント】
当科において肝胆膵疾患の診療は、肝臓専門医、胆道・膵臓専門医が協力して行っています。内視鏡的処置は内視鏡専門医が担当し、超音波ガイド下穿刺、経カテーテル治療においても各々の専門医のもとで高い技術で行っています。
■腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 44 20.70 15.39 0.00 68.14
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 14.93 13.64 0.00 67.19
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 24 7.17 7.47 0.00 41.54
【診療科からのコメント】
日本の慢性腎臓病(CKD)患者数は人口の高齢化に伴って増加し、現在約1330万人すなわち成人の約8人に1人がCKD患者と推測されています。CKDは末期腎不全の予備軍であるため、CKDの増加は末期腎不全患者数の増加につながります。実際、末期腎不全患者数は年々増加の一途をたどり、日本透析医学会の統計によると2014年末には末期腎不全のために慢性透析療法を施行している患者さんは32万人を超えています。当科のDPC病名として最も多いのが腎不全および透析関連であることもこのデータに一致するところです。当科では、CKD患者さんを末期腎不全になる前の早期の段階で正確に診断し、早期に治療を開始する目的で、腎生検を含めた精査入院を進め、治療可能な患者さんには積極的な治療を実施しています。また、透析になってしまった患者さんに対しては、透析アクセスの維持や急変時の管理などに積極的に関与し、かかりつけ医としての役割を果たし、患者さんの利便性を高めるようにしています。
■神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし 28 16.57 19.87 7.14 62.82
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 27 21.11 18.08 29.63 76.33
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 20.13 15.80 25.00 69.33
【診療科からのコメント】
当科では、神経免疫疾患について専門的に診療をしております。しびれや筋力低下で受診する患者の中には慢性炎症性脱髄性多発神経炎の患者も多くみられ、そのような患者では、大量免疫グロブリン治療により症状は劇的に改善します。
また脳梗塞患者も多く受診されます。脳梗塞の患者では、急性期にはエダラボンの投与、抗血栓薬の投与により症状の改善、再発の抑制を、またリハビリテーションにより早期の社会復帰を目指して治療をしております。
■高齢診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 69 17.65 17.69 0.00 80.61
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 13 18.69 11.17 0.00 82.85
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 10 23.90 23.04 0.00 84.80
【診療科からのコメント】
当科は原則75歳以上後期高齢者の血液疾患の化学療法を行っています。昨今、高齢者の悪性リンパ腫は増加傾向にあり、当科では年齢を問わずに全身状態を考慮しながら積極的な化学療法を行うことで、健康寿命を引き延ばして在宅に戻すことを心がけています。また、今までは輸血を中心とした対症療法しか治療法のなかった骨髄異形性症候群に対して、ビダーザ(アザシチジン)による治療を行うことで、輸血からの解放を目標にした治療を行っています。
■呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 167 9.48 13.38 0.00 70.23
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 94 12.11 13.03 0.00 70.87
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 91 9.46 11.62 0.00 68.26
【診療科からのコメント】
当科では肺癌の診断から治療、さらには緩和医療まで一貫して行っております。手術適応のある患者さんには腫瘍部位、進行度に応じた適切な術式を提供し、残念ながら手術のできない患者さんには、組織型、進行度、全身状態を加味した最善の治療を提供しております。上皮成長因子受容体に変異がある症例、ALK遺伝子を有する症例にはそれらの阻害剤を、薬剤に適する遺伝子を有さない症例には適切な最新の抗がん剤投与±放射線照射を行っています。その際、副作用を最小限にとどめるため、最新の制吐剤、白血球を増加させる薬剤を駆使しております。さらに免疫チェックポイント阻害剤も導入し、最新の医療を提供しております。
■心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 42 2.88 3.46 0.00 67.33
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 副傷病なし 32 13.78 16.65 3.13 77.94
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 5.62 5.99 0.00 67.71
【診療科からのコメント】
当科では心臓手術、大血管手術、末梢血管手術のすべてを行い得る体制としており、近年特に進歩の著しい血管内治療にも積極的に取り組んでいます。特に血管内治療で増加しているのが大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術、閉塞性動脈硬化症に対する血栓除去および動脈形成術、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術です。それらの治療は特殊な器具と手技を要するため、治療を行うには学会で定めた一定の資格を必要としますが、当科の心臓血管外科医師はそれぞれ専門医や指導医、実施医の資格を有しており安全に行える体制としています。血管内治療は開胸・開腹などの手術に比べて、患者さんに与える侵襲が軽くより危険性の低い手術であるため、高齢の方や合併症を有する方にも安全に行える手術となっており、患者さんにとってより治療を受けやすい診療科の体制となっています。
■消化器外科・移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 148 5.20 4.51 0.00 69.62
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 7.24 9.71 0.94 68.12
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 93 4.58 4.53 0.00 73.22
【診療科からのコメント】
消化器外科・移植外科では、食道から直腸までの消化管、肝臓・胆道・膵臓の癌を始めとする消化器疾患全般の治療を行なっています。手術治療のみならず、放射線治療、化学療法も当科主導で行なっており、 地域のがん診療連携拠点病院である東京医科大学八王子医療センターの中核となっている診療科です。特に昨今は、結腸癌・直腸癌の患者様が急増しており、それらの患者様の手術のみならず多くの抗癌剤治療を行なっています。
さらに、腎臓移植、肝臓移植を多摩地区唯一手がけている診療科でもあり、腎移植だけでなく、腎不全に伴うシャント手術やシャント不全に対する血行再建手術も多く施行しています。
■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 48 18.27 18.08 12.50 72.65
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 21.10 19.32 32.26 64.32
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 16.00 7.03 0.00 46.47
【診療科からのコメント】
脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、脳腫瘍、てんかん、脊髄・脊椎疾患など、疾患の重症度を問わず、広範領域の脳神経外科疾患に対応しています。
■整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 41 26.32 24.95 2.44 63.68
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 33 26.42 27.21 3.03 74.06
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 18 43.44 28.70 27.78 68.83
【診療科からのコメント】
当科は、脊椎、上肢 股関節、膝関節、足関節、足の外科など幅広い専門性を有し、変性疾患、外傷、スポーツ障害など地域内外からの紹介も多数いただいています。交通外傷、労災外傷や近年増加する高齢者の外傷や、変性疾患の受け入れを、地域の基幹病院として常日頃努力しております。また個々の症例に応じて病診、病病連携を通じて術後リハビリの役割分担を図りながら、ADL(日常生活動作)の獲得、QOL(生活の質)の向上を目指しております。
■形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 17 11.71 6.14 0.00 55.12
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 4.33 5.86 8.33 27.83
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.84 - -
【診療科からのコメント】
当科では、顔面をはじめとした対表面の種々の腫瘍性病変や、外傷を治療しております。特に悪性腫瘍の切除術では、機能と整容に配慮した形成外科的再建を行っております。
■小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 156 5.25 5.72 0.64 2.03
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 116 6.09 6.31 0.86 3.26
030270xxxxxxxx 上気道炎 58 4.41 4.83 0.00 0.76
【診療科からのコメント】
免疫異常、先天奇形や染色体異常、心臓疾患などの基礎疾患を有する患者さんは基礎疾患のない人と比較すると肺炎などで入院することが多くなります。 喘息の患者さんには今後の発作予防の方法や手技をわかりやすく説明させていただきます。けいれんが、長時間続く場合や繰り返す場合は入院対応となることが多くなります。
■産科・婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 64 3.89 5.17 0.00 64.83
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 60 4.37 5.33 0.00 65.75
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 51 8.27 6.50 0.00 40.59
【診療科からのコメント】
当科は多摩地区の中核病院であるため、産婦人科診療における様々な症例が集まります。生殖医療は行っていないため、それ以外の全ての良性・悪性婦人科疾患、34週以降の周産期医療を行っております。また、婦人科救急も積極的に対応しております。
■眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 95 11.02 8.62 0.00 57.37
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 94 8.76 7.99 0.00 69.18
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 81 11.84 11.08 0.00 56.16
【診療科からのコメント】
当科では主に網膜硝子体疾患を対象にしているため、硝子体手術を数多く行っております。特に糖尿病網膜症については、増殖硝子体網膜症を合併する重症例が多く、また全身状態も不良な方を対象にすることが多いため、平均在院日数が長くなっています。黄斑円孔や黄斑前線維症といった比較的軽症例については、術後早期に退院が可能になっています。網膜剥離については、若年者を除き、そのほとんどを硝子体手術で復位させておりますが、術後のうつむき姿勢は手術当日の夜のみにしており、従来に比較して患者さんの負担は軽いものとなっています。また40才以下の硝子体手術については、原則水晶体に対する手術は行いませんので、眼内レンズのような術後の見え方の違いは少なく済むようにしています。
■耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 59 9.00 7.76 0.00 55.10
030428xxxxxxxx 突発性難聴 39 8.72 9.60 0.00 59.31
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 37 8.95 8.20 0.00 25.62
【診療科からのコメント】
当科で耳鼻咽喉科領域、耳疾患、鼻・副鼻腔疾患、喉頭・頭頸部腫瘍など多岐にわたる診療を行っています。耳疾患のうち突発性難聴の頻度が高く、軽度の場合を除き、入院にてステロイド点滴加療、高圧酸素治療を行っています。めまい外来では、赤外線CCDカメラでの眼振検査、head impulse test,偏倚検査、温度刺激検査、前庭誘発筋電位検査、画像検査としてCT、MRI、MRAを行い、正確な診断、加療に努めています。その他難聴症例には補聴器の装用、耳鳴り患者に対するTRT治療も行っている。鼻・副鼻腔疾患は鼻茸、慢性副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症には手術治療を積極的に行っている。急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性咽喉頭炎などの急性炎症疾患の頻度も高く、重症患者は入院での点滴加療を行っている。頭頸部腫瘍は上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭癌がん、喉頭がん、甲状腺がん、唾液腺腫瘍に対し、手術、放射線、化学療法を行っている。
■皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 81 7.88 8.96 0.00 72.05
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 65 10.26 11.96 1.54 65.22
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 手術・処置等22あり 27 1.11 3.08 0.00 61.59
【診療科からのコメント】
1位の帯状疱疹は,高齢者に多い疾患で,どこの皮膚科でも多数の患者さんが受診されます。外来でも加療していますが,当科では外来では治療が不十分な重症例が紹介されてくることが多く,そのような患者さんを対象に入院の上連日点滴治療を行っています。2位の急性膿皮症は,具体的には丹毒や蜂窩織炎ですが,最重症の壊死性筋膜炎やガス壊疽を疾患スペクトラムとしては含んでおり,中には見極めの難しい症例も少なくありません。そのような重症例を対象として,入院の上きめ細かい経過観察と抗菌薬の点滴投与を行っております。3位の炎症性角化症は,具体的には,尋常性乾癬,関節症性乾癬であり,外用療法,シクロスポリンなどの全身療法で治療不十分な患者さんを対象に,入院の上インフリキシマブの点滴加療を行っているため,患者数が多くなっております。
■泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 101 8.12 7.59 0.00 73.26
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 49 5.61 7.90 0.00 71.94
110080xx9901xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 38 12.89 13.01 0.00 73.66
【診療科からのコメント】
膀胱悪性腫瘍は、泌尿器科悪性腫瘍の中で前立腺癌に次いで多くなっております。手術件数としては一般に、経尿道的膀胱悪性腫瘍手術が最も多く、当科でも最多の症例数となっております。また、当院は地域の基幹病院のため、多くの排尿障害患者を扱っており、原因で最も多いのが前立腺肥大症です。さらに、近年増している前立腺癌患者も多く、進行性前立腺癌患者に対し、抗癌剤を用いた化学療法を入院で行っており、症例数も多くなっております。
■救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 2.67 3.58 14.47 37.01
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 10.31 21.69 48.57 79.00
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等24あり 26 24.15 30.66 53.85 75.00
【診療科からのコメント】
急性薬物中毒の患者さんは、精神神経科的な背景も多くあり、精神神経科病院との連携が欠かせません。
誤嚥性肺炎は、病状回復後も自立した生活が困難な場合が多く、近隣の医療機関等との連携をより充実させてゆく必要があります。
播種性血管内凝固症候群は、高度侵襲疾患における多臓器不全の部分症です。病状回復後に自立した生活が困難な場合が多いため、近隣医療機関等との連携が重要です。
■呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 54 17.30 20.63 5.56 73.00
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 24 13.25 14.34 8.33 64.38
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 13.20 14.38 0.00 72.45
【診療科からのコメント】
近年は分子標的薬の臨床使用の増加にともなって、薬剤性間質性肺炎が増加傾向を示しています。また、抗線維化薬が臨床で使用となったため特発性間質肺炎の治療は変化しており、最新の知見に基づいて治療を行っています。
超高齢化社会時代となり、誤嚥性肺炎が増加傾向を示しています。抗生剤の投与により誤嚥性肺炎は改善後、嚥下リハビリテーションを施行して、誤嚥性肺炎の再発を予防に努めています。
慢性閉塞性肺疾患に対しては薬物療法とともに、呼吸器内科医師、看護師、理学療法士、薬剤師と栄養士が呼吸リハビリテーションチームを作り、12日間の入院による包括的呼吸リハビリテーションを施行して、手技の取得とともに 自己管理能力を高め、退院後も外来でリハビリテーションを継続してしています。
■乳腺科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 76 8.54 10.37 0.00 63.76
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 47 10.89 11.63 0.00 60.34
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 35 3.86 4.66 0.00 57.83
【診療科からのコメント】
当院は高齢かつ進行症例が多く、全国平均に比べ乳房切除術や腋窩郭清症例が多い。しかし、入院期間の延長につながるような術後の合併症は少なく、在院日数は短い。
さらに 090010xx99x40x に分類される症例は 当院の特徴でもあるが悪性葉状腫瘍の症例がそれに当たっている。
■特定集中治療部
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
130130xxxxx2xx 凝固異常(その他) 手術・処置等22あり - - 39.25 - -
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり - - 36.88 - -
040250xx97x1xx 急性呼吸窮<促>迫症候群 手術あり 手術・処置等2あり - - 50.63 - -
【診療科からのコメント】
ICU(集中治療室)へ入室する患者の多くは、全身の炎症を契機に多くの臓器が障害され重症化しております。そのためには、呼吸、循環、代謝系のモニタリングを行い、厳密な全身管理を行っております。病態で最も多くみられるのは、敗血症と言われるものです。敗血症には、必ず臓器障害が認められ、適切な輸液療法、抗生物質投与から始まり、感染巣が外科的な処置が必要な場合にはその処置が優先されます。循環動態が不安定な場合には、昇圧剤の持続投与が行われます。また、原因菌がグラム陰性菌により昇圧剤を必要とするショック(血圧<90mmHg、高乳酸血症)状態の場合には、当施設では、エンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)を行うことがあります。敗血症症例の35%は、血液凝固線溶系の異常を呈することがあり、抗凝固療法や補充療法(新鮮凍結血漿、血小板輸血)が行われます。また、敗血症から引き起こされる急性呼吸不全(正確には、急性呼吸窮迫症候群:ARDS)に対しては、肺を極力保護するような人工呼吸管理が行われます。敗血症性ARDSは、最も予後が悪い症候群であり、人工呼吸管理のみでは対応できない場合には、少量のステロイド療法や、必要に応じて持続的な血液浄化療法(CHDFなど)が行われることもあります。
■総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 10.85 - -
030245xxxxxxxx 伝染性単核球症 - - 7.89 - -
160610xx99xxxx 四肢筋腱損傷 手術なし - - 13.81 - -
【診療科からのコメント】
当科は、初診の患者様の診療にあたっております。外来診療にて原疾患が判明した場合には、各診療科へ紹介し、不明熱など原疾患不明の際には、入院精査を行っておりました。当科へ来院する前に、クリニックや診療所で診察・処方を受けている方も多く、紹介状のみではなく電話連絡など、地域連携を密に行っております。東京医科大学八王子医療センター 総合診療科では、平成28年5月1日より、外来診療のみとなりました。今後も各科、並びに地域の病院との連携を充実してゆく方針です。
■リウマチ性疾患治療センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 13 14.92 18.15 0.00 63.54
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし - - 14.90 - -
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし - - 14.34 - -
【診療科からのコメント】
当科は2011年4月に外来診療部門として開設され,2015年4月から入院診療も開始しました。発熱や全身の疼痛など,外来通院が困難な患者が,地域の医療機関から紹介され,入院加療することが多くなっています。その他,当科外来で治療中の患者が肺炎の合併等で入院する場合,他の診療科で入院中の患者が自己免疫性疾患と診断され,当科に転科する場合などがあります。医師1人の診療科であるため,全身性エリテマトーデスや間質性肺炎合併皮膚筋炎など重症病態を合併する場合は,臓器別診療科に入院受け持ちを依頼しており,当科の平均在院日数は全国平均よりやや短くなっています。
■臨床腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり - - 7.63 - -
180050xx97xxxx その他の悪性腫瘍 手術あり - - 18.80 - -
060040xx99x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 9.24 - -
【診療科からのコメント】
当科では、悪性腫瘍患者さんの検査や治療のため、可能な範囲で手術・処置を行ってまいりました。入院が必要な場合も、期間の短縮と質の向上を心掛けております。
■感染症科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
07010xxx99xxxx 化膿性関節炎(下肢) 手術なし - - 16.70 - -
130160xxxxx0xx 後天性免疫不全症候群 手術・処置等2なし - - 21.61 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし - - 18.99 - -
【診療科からのコメント】
当科は、日本感染症学会指導医(専門医)および日本エイズ学会指導医を含む2名の医師で感染症全般についての診療をおこなっています。HIV感染症/AIDS患者や輸入感染症、肺外結核などの感染症科に特化した疾患については外来診療を中心におこなっていますが、敗血症を含む難治性の全身感染症などの入院患者については、主に他科と連携して診療にあたっています。

3)初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 PDF版 ファイルをダウンロード

5大癌 StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明 再発 病期分類
基準
版数
胃癌 66 23 65 71 25 67 1 7
大腸癌 45 49 78 128 24 328 1 7
乳癌 47 104 35 29 21 76 1 7
肺癌 104 45 58 143 20 258 1 7
肝癌 11 10 13 15 11 97 1 7
【病院からのコメント】
当院では、大腸癌の治療で入院される方が一番多く、次いで肺癌の入院患者さんが多くなっています。
5大癌において、地域トップクラスの入院患者を受け入れています。がん診療拠点病院として、幅広いステージの方に対応をしております。

4)成人市中肺炎の重症度別患者数 PDF版 ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度0 12 8.33 56.92
重症度1 18 22.00 70.78
重症度2 18 13.17 68.44
重症度3 - - -
重症度4 - - -
重症度5 - - -
不明 - - -
【病院からのコメント】
肺炎の重症度を表す指標に、「A-DROPスコア」というものがあります。これは、以下の5項目のうち
入院時の状態に該当する項目の合計数をスコアとし、肺炎の重症度を表します。

1)Age:男性70歳以上、女性75歳以上
2)Dehydration:BUN 21mg/mL以上、または脱水あり
3)Respiration:SpO2 90%以下
4)Orientation:意識障害あり
5)Pressure:血圧(収縮期)90mmHg以下

重症度が高くなるほど、平均年齢が高くなっていることが分かります。
厚生労働省の平成27年人口動態統計概況(出典 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei15/index.html
によると、肺炎は日本人の死因の第3位となっています。
高齢化が進むにつれ、重症の肺炎患者さんが増えることが予想され、予防や軽症のうちの対応が重要になってきています。

5)脳梗塞のICD10別患者数等 PDF版 ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均
在院日数
平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群 - 19 6.74 68.89 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 195 24.82 76.03 35.81
その他 20 22.10 73.10 1.86
I65$ 脳実質外動脈補閉塞および狭窄、脳梗塞に至らなかったもの - - 9.89 72.89 11.11
I66$ 脳動脈の閉塞および狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - 8.00 54.30 33.33
I675 もやもや病〈ウイリス動脈輪閉塞症〉 - - 14.67 38.67 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
【病院からのコメント】
脳梗塞の患者さんの約8割が、脳梗塞発症3日以内に入院されております。
ほとんどの患者さんが、救急車、またはご自身で緊急に来院された方となっています。
当院での急性期の治療が落ち着かれた後、約3割の方が他院へのリハビリテーション等を目的に転院をされています。

6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) PDF版 ファイルをダウンロード

■血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7191 結腸切除術(小範囲切除) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
■循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 140 3.51 2.81 0.00 69.84
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 110 1.52 3.81 0.91 64.85
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 49 0.02 16.35 2.04 66.16
【診療科からのコメント】
虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)では、胸の痛み・締め付ける感じ・苦しさなどを感じます。症状が15分以上続く場合は、心臓の筋肉の壊死(心筋梗塞)を起こし始めている可能性があるため、緊急のカテーテル検査・治療(ステント留置術)が必要です。また安定した狭心症の状態においても、その病状に合わせた治療(内服、カテーテル治療、バイパス手術)の選択が必要です。当院では、カテーテル治療の際に血管内超音波、圧センサー付きガイドワイヤーなどを用いることにより、それぞれの患者さんに最適な治療を提供できるよう心掛けています。病的な原因により脈が遅くなる(徐脈)あるいは脈が速くなる(頻脈)病気を不整脈と言います。当院では心房細動などの頻脈性不整脈に対し、カテーテルアブレーション治療を行うことにより治療効果をあげています。
■糖尿病・内分泌・代謝内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 2 4.50 14.50 0.00 59.50
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 1 51.00 9.00 0.00 37.00
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2センチメートル未満) 1 20.00 5.00 0.00 71.00
■消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 117 1.56 1.32 0.00 71.97
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 76 5.84 10.86 7.89 73.64
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 45 2.62 8.89 0.00 73.67
【診療科からのコメント】
当科にておいては、消化管専門医、胆道・膵臓専門医、肝臓専門医が協力し合って診療しており、、内視鏡的治療、経カテーテル治療などの専門的処置に関しては各々の専門医のもとで高い技術で行っています。
■腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K610-3 内シャント設置術 32 22.31 22.06 3.13 68.44
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
【診療科からのコメント】
血液透析においては、血液を患者さんから採取し返血するためのルートが必須で、命綱ともいえます。この意味で、当科では内科でありながら、移植外科のサポートのもとで、内シャント設置術やシャント拡張術・血栓除去術などに積極的に関与しています。また、透析導入の原因として第2位の疾患である慢性糸球体腎炎の代表はIgA腎症ですが、IgA腎症では扁桃などにおける慢性感染が、その発症・進展に関与していることが知られています。当院では、扁桃の慢性炎症が示唆されるIgA腎症患者さんには耳鼻科にお願いして口蓋扁桃摘出術を実施いただいております。
■神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
【診療科からのコメント】
パーキンソン病や脊髄小脳変性症など神経変性疾患では、経過中、嚥下機能低下により経管栄養が必要となることがあります。そのような患者には、消化器外科医師に依頼し胃瘻増設や中心静脈用植込型カテーテル留置を行っています。また、呼吸機能が悪化する患者については、耳鼻科に依頼し気管切開術を行うこともあります。
■高齢診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) - - - - -
K6262 リンパ節摘出術(長径3センチメートル以上) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) - - - - -
【診療科からのコメント】
当科は原則75歳以上後期高齢者の血液疾患の化学療法を行っています。昨今、高齢者の悪性リンパ腫は増加傾向にあり、当科では年齢を問わずに全身状態を考慮しながら積極的な化学療法を行うことで、健康寿命を引き延ばして在宅に戻すことを心がけています。また、今までは輸血を中心とした対症療法しか治療法のなかった骨髄異形性症候群に対して、ビダーザ(アザシチジン)による治療を行うことで、輸血からの解放を目標にした治療を行っています。
■呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 65 3.83 8.32 0.00 71.40
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 43 4.02 4.51 0.00 37.79
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 18 3.50 6.61 0.00 73.78
【診療科からのコメント】
原発性肺癌に関しては、基本的には腫瘍が含まれている肺葉を切除し、所属するリンパ節をきれいにとる(隔清)標準術式を行っています。そのため局所再発はきわめてまれです。その際、胸腔鏡を用いて患者さんの負担を少なくする工夫をしております。呼吸機能が十分ではなく、肺葉切除では日常生活に差支えがある場合には、手術以外の治療を選択するか、部分切除にとどめております。転移性肺腫瘍の場合は、呼吸機能を温存する観点からも積極的な部分切除を行っております。気胸を代表とする肺嚢胞性疾患に対しては、胸腔鏡下に部分切除を行い、皮膚切開範囲を最小限にとどめることにより、肺機能の維持と疼痛対策、さらには再発予防に努めています。
■心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 42 0.88 1.00 0.00 67.33
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 30 11.60 28.83 3.33 72.80
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 26 1.96 2.81 7.69 68.38
【診療科からのコメント】
当科では心臓手術、大血管手術、末梢血管手術のすべてに対し、開胸・開腹手術、バイパス手術、血管内治療を行える体制としています。心臓の手術に関しては、冠状動脈バイパス術や弁膜症手術を行っていますが、いわゆる標準的治療とされる人工心肺を用いたバイパス術のみならず、人工心肺を用いないオフポンプ手術も患者さんの状態に応じて行っています。同じ心臓疾患を扱う循環器内科と定期的にカンファランスを開き、個々の患者さんに対して最も有効な方法を検討して治療を行うようにしています。また、血管内治療では、静脈瘤や閉塞性動脈硬化症に対して局所麻酔で行えるレーザーや特殊なカテーテルを用いた治療を行い、より患者さんにとってより安全で確実な治療を行えるよう努めています。これらの手術を適切に行えるよう、学会で定めた一定の資格である専門医や指導医、実施医の資格を有した医師が治療にあたっています。
■消化器外科・移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K610-3 内シャント設置術 88 1.72 3.34 3.41 66.86
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 55 2.42 4.98 0.00 62.22
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 42 8.95 17.45 7.14 72.71
【診療科からのコメント】
消化器外科・移植外科では、食道から直腸までの消化管、肝臓・胆道・膵臓の癌を始めとする消化器疾患全般の治療を行なっています。手術治療のみならず、放射線治療、化学療法も当科主導で行なっており、 地域のがん診療連携拠点病院である東京医科大学八王子医療センターの中核となっている診療科です。特に昨今は、結腸癌・直腸癌の患者様が急増しており、それらの患者様の手術を多く手がけるとともに、 内視鏡外科学会技術認定医を3名擁し、腹腔鏡下胆嚢摘出術を始め、胃癌、結腸・直腸癌、肝臓癌、鼠径ヘルニアなどの腹腔鏡下手術も多く施行しています。さらに、腎臓移植、肝臓移植を多摩地区唯一手がけている 診療科でもあり、腎移植だけでなく、腎不全に伴うシャント手術やシャント不全に対する血行再建手術も多く施行しています。
■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 27 0.41 10.22 18.52 80.56
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 23 1.48 49.48 39.13 60.17
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 13 6.92 28.31 7.69 52.38
【診療科からのコメント】
くも膜下出血の外科的治療(開頭クリッピング、コイリング)、脳虚血に対する外科治療、脳腫瘍の摘出術、脊髄・脊椎疾患の外科治療、てんかんの外科治療、頭部外傷に対する外科治療、水頭症に対する外科治療など、それぞれの専門医・認定医のもとに、幅広く対応しています。
■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0821 人工関節置換術(股) 74 4.84 20.57 1.35 68.93
K0461 骨折観血的手術(上腕) 26 7.23 30.04 26.92 56.38
K0462 骨折観血的手術(下腿) 20 5.65 23.30 0.00 56.65
【診療科からのコメント】
変性疾患では人工関節や脊椎の手術にてできるだけ早期の機能回復、職場社会復帰に努めています。また外傷では一般病院や診療所では困難である重篤な合併症のある症例でも、地域の基幹病院としてできるだけ受け入れ、治療にあたっております。
■形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 23 1.96 8.83 0.00 54.35
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) - - - - -
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
【診療科からのコメント】
当科では、顔面をはじめとした対表面の種々の腫瘍性病変を治療しております。また、乳腺科と連携した乳房再建術を積極的に治療しております。
■小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
【診療科からのコメント】
当科では腸重積の整復など内科的な診療は施行しますが原則、手術は施行しておりません。手術が必要な患者さんは他の診療科(外科系)を受診していただきます。
■産科・婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K877 子宮全摘術 54 1.54 8.98 0.00 50.31
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 53 1.26 5.81 0.00 39.25
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 45 3.29 7.64 0.00 33.49
【診療科からのコメント】
当院の周産期医療は、ハイリスク妊娠の妊婦が多いため、分娩が帝王切開術となるケースが比較的多くなっています。腹腔鏡下手術も積極的に取り入れておりますが、その適応とならない症例も多く、開腹術をしなければならない症例も多くあります。
■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 1002 0.89 1.61 0.60 74.74
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 212 1.32 7.01 0.00 66.22
K281 増殖性硝子体網膜症手術 171 2.26 9.75 0.00 56.99
【診療科からのコメント】
当科においては手術件数のトップを誇るのは白内障手術であり、手術時間は総じて10分以内、術翌日または翌々日に退院することが可能です。ただし、水晶体亜脱臼や虹彩緊張低下症、過熟白内障といった難症例も多く、状況に応じて硝子体手術を併用することもあります。白内障手術は翌日から見えるだけでなく、術後の外見にまで考慮して、結膜出血を起こさないような努力をしています。硝子体手術は400例程度ですが、増殖硝子体網膜症や重症増殖糖尿病網膜症といった難症例が多いのが特徴です。最先端の小切開アプローチで行っているため、縫合をすることは殆どなく、術後に異物感を感じることは少ないと思います。
■耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 53 1.94 6.36 1.89 57.30
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 47 1.98 6.96 0.00 20.62
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 31 0.16 6.00 0.00 39.94
【診療科からのコメント】
当科では、耳鼻咽喉科領域の手術を行っている。耳疾患では、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎伝音難聴症例に対して鼓室形成術を行っている。鼻・副鼻腔疾患では、鼻茸、慢性副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症には内視鏡を用いた手術を積極的に行っている。重症症例にはナビゲーションシステムを用いた手術を行っている。咽喉頭領域では炎症を反復している扁桃炎症例には口蓋扁桃摘出術、扁桃周囲膿瘍症例に切開排膿術を行っている。頭頸部領域では、甲状腺腫瘍摘出術、耳下腺腫瘍摘出術、顎下腺腫瘍摘出術、咽頭喉頭摘出、皮弁による再建手術を行っている。喉頭領域では、喉頭微細手術、音声改善手術を行っている。
■皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 50 0.30 5.46 4.00 73.56
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) 11 0.00 1.45 0.00 55.73
K013-22 全層植皮術(25平方センチメートル以上100平方センチメートル未満) - - - - -
【診療科からのコメント】
当科では,近隣の医療機関から多数の皮膚腫瘍の患者さんが紹介されてきます。
1位の皮膚悪性腫瘍切除術は,対象として悪性黒色腫,有棘細胞癌,基底細胞癌,乳房外パジェット病などを含みます。悪性腫瘍は広範囲の切除を要するため,入院の上周術期管理が必要があり,患者数が多くなっております。
2位の皮膚皮下腫瘍摘出術は,良性腫瘍ですが,比較的大きく,露出部で出血も多く予想される症例を中心に,入院して手術を行っております。
3位の全層植皮術は,皮膚悪性腫瘍などで広範囲に皮膚が欠損した患者さんを中心に,再建術として行っております。
■泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 106 1.51 5.56 0.00 72.98
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 49 1.27 3.35 0.00 71.94
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 33 0.42 1.42 3.03 61.18
【診療科からのコメント】
一般に泌尿器科悪性腫瘍手術で最も多いのが、経尿道的膀胱悪性腫瘍手術で、当院も例外ではありません。また、当院は知己の基幹病院として、前立腺肥大症による排尿障害を有する患者さんを多く扱っており、低侵襲のレーザー手術の件数が多くなっております。また、尿路結石症患者も多数紹介されており、侵襲の少ない体外衝撃波結石破砕術を多く行っております。
■救命救急センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K386 気管切開術 45 5.73 13.29 66.67 66.40
K654 内視鏡的消化管止血術 18 0.78 8.94 11.11 67.56
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 18 1.00 17.39 27.78 60.33
【診療科からのコメント】
気管切開術を受ける患者さんは、原疾患が回復した後も自立した生活が困難な場合が多く、近隣の医療機関等との連携をより充実させてゆく必要があります。
内視鏡的消化管止血術や血管塞栓述を受ける患者さんは、急性期治療が成功した後も、長期にわたる診療が必要であるため、医療連携が重要です。
■呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K509-2 気管支肺胞洗浄術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
【診療科からのコメント】
東京都・神奈川県・埼玉県・徳島県の医療機関から、全身麻酔下全肺洗浄目的で自己肺胞蛋白症患者が紹介となり、2013年8月から12名の患者に対して、左右別に全身麻酔下全肺洗浄を合計30回施行しました。呼吸器内科医師、 麻酔科医師、看護師および臨床工学技士が全身麻酔下全肺洗浄チームを作り、洗浄時間は約2時間で、重大な問題は発生せずに円滑に全身麻酔下全肺洗浄を30回施行しました。1週間間隔で左右肺を洗浄し、入院期間は約3週間でした。
洗浄後の経過はほぼ良好でしたが、12名中3名は全身麻酔下全肺洗浄後に再増悪したため、再洗浄を必要としました。平成27年度は、自己肺胞蛋白症患者7名に対して、左右肺別に合計16回全身麻酔下全肺洗浄を施行しました。
(1名は再増悪したため、再洗浄しました。)
■乳腺科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 75 2.51 5.12 0.00 63.31
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 42 2.76 7.21 0.00 60.00
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 20 2.85 2.30 0.00 60.70
【診療科からのコメント】
当院は高齢かつ進行症例が多く、全国平均に比べ乳房切除術や腋窩郭清症例が多い。しかし、入院期間の延長につながるような術後の合併症は少なく、在院日数は短い。
■特定集中治療部
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K6952 肝切除術(亜区域切除)(1歳以上の場合) - - - - -
【診療科からのコメント】
集中治療室に入室する心疾患は虚血性疾患(冠動脈の狭小化、閉塞)が多く、循環器内科専門医により、素早く経皮的冠動脈ステント留置術が行われてます。また、ICUでは、意識障害を伴ったり、重篤な肺傷害を伴い長期人工呼吸管理を必要とする患者も多く存在します。我々の施設では、一般的に2週間以上の人工呼吸管理を必要とする患者様に対しては、ご家族の承諾の元、気管切開術を行っております。当センターでは、悪性腫瘍の術後管理のためにICUへ入室する患者も多く、経過観察のために一般的には1日間、呼吸、循環系のモニタリング下で全身管理が行われております。
■臨床腫瘍科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
【診療科からのコメント】
当科では、悪性腫瘍全般の治療に対応しております。その中で、治療用のカテーテル(ポート)留置や、局所麻酔科にてのリンパ節転移巣摘出、内視鏡化胆道ステント留置を行う等、治療・処置を通じて様々な悪性腫瘍患者の予後及びQOL向上を目指しています。

7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症及び手術・術後の合併症の発生率)
PDF版 ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4 0.03
異なる 72 0.52
180010 敗血症 同一 31 0.23
異なる 65 0.47
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 3 0.02
180040 手術・処置等の合併症 同一 63 0.46
異なる 13 0.09
【病院からのコメント】
医療の質の改善に資するため、手術・処置の合併症や感染症の発生率を示したものです。
入院契機が同一となっているものは、この傷病名がきっかけとなって入院をされた症例になります。
入院契機が異なるとなっているものは、他の病気で入院をされた症例で、入院中に重篤な感染症に なったり、手術の合併症があった場合の症例です。臨床上ゼロにはなりえないものですが、 少しでも改善に努めて参ります。

更新履歴

平成28年9月30日 臨床指標公開

  • 東京医科大学
  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • リンク
  • ご利用ガイド
  • サイトマップ


Copyrightc Tokyo Medical University Hachioji Medical Center. All Rights Reserved.    医療機関コード:W0002927

ページトップへ